Okta Browser Pluginを構成する

Okta Browser Pluginの歯車アイコンを使用して、ブラウザーがプラグインによってどのような影響を受けるかを定義します。

プラグインを構成して、ブラウザーによるパスワードの保存回避や、サービスへのサインイン時の推奨パスワードの取得、Okta End-User Dashboard上へのアプリの保存を求めるプロンプトの初期化などを実行できます。

プラグインのセキュリティ設定のリストの一部

アプリに強力なパスワードを推奨する

管理者がこの機能を有効にしている場合、ユーザーがこれを選択すると、プラグインは新しいアプリの登録時またはアプリのパスワードのリセット時に安全なパスワードを推奨します。

アプリをOktaダッシュボードに保存する

この設定を選択すると、Okta Browser Pluginは、次の場合にアプリをOktaダッシュボードに保存するように求めます。

  • ダッシュボードにないアプリに手動でサインインした場合
  • ダッシュボードにないアプリに登録した場合

ブラウザーがパスワードの保存を求めないようにする場合

Okta用に加え、Okta End-User Dashboardからアクセスするサードパーティ製アプリ用のサインイン認証情報が、ブラウザーによって保存されないようにできます。ウェブブラウザによってこの情報が保存されないようにすることで、アカウントのセキュリティーが向上します。

注意:ウェブ拡張機能の場合、ブラウザーによるパスワードの保存を求めるプロンプトの表示を許可するオプションが、組織のブラウザーポリシーまたは別の拡張機能によってすでに管理されている場合、Okta Browser Pluginでこのプロンプトの表示を無効にすることはできません。

  1. ブラウザーの右上セクションにあるOkta Browser Pluginアイコンをクリックしてメニューを開きます。
  2. このメニューから歯車アイコンをクリックし、Okta Browser Pluginの設定を開きます。
  3. [ブラウザーによるパスワードのプロンプト表示を無効にする]オプションまで下にスクロールして、青色の[ブラウザーによるパスワードのプロンプト表示を無効にする]リンクをクリックします。

    注意:SafariおよびIEユーザーには、手順3~6は適用されません。SafariまたはIEを使用している場合、[Disable Browser Password Prompts (ブラウザーによるパスワードのプロンプト表示を無効にする)]オプションまで下にスクロールして、トグルを使って機能を有効にします。

  4. 新しいタブが開いたら、[Allow (許可する)]をクリックし、パスワードのプロンプト表示を無効にすることを確認します。Okta Browser Pluginが追加の権限を要求していることを示すブラウザープロンプトが表示されます。
    プラグイン許可のプロンプト
  5. [Allow (許可する)]をもう一度クリックします。Okta Browser Pluginによってプライバシー関連の設定が管理されているという通知を受信します。
  6. Close(閉じる)]タブをクリックします。

タブを閉じた後、Okta Browser Pluginの設定ページに戻り、ブラウザーのパスワードプロンプトが無効になったことを確認します。


関連項目

Okta Browser Plugin