AndroidデバイスでOkta Verifyを使用してサインインする

組織でOkta Verifyを使用してアプリアカウントに安全にアクセスできるようにしている場合、ユーザーは、アプリへのアクセス時にOkta Verifyセキュリティ メソッドでの本人確認を求められます。

使用できるOkta Verify機能は、組織が行った構成によって異なります。

サインインページに表示される以下のセキュリティ メソッドでは、Okta Verifyが使用されます。

  • コードを入力する
  • プッシュ通知を受け取る
  • Okta FastPassを使用する

アカウントで使用できるセキュリティ メソッドを確認するには、デバイスでOkta Verifyを開き、アカウントをタップします。[Account Details(アカウントの詳細)]ページで、チェックマークが付いたセキュリティ メソッドが有効になっています。つまり、Oktaで保護されているアプリにサインインする際、この中のいずれかの方法を使用して本人確認を行うことができます。

  • 認証コード: サインインページで[コードを入力する]を選択すると、Okta Verifyがコードを生成します。このコードをサインインページで入力し、本人確認を行います。このコードをサインインページで入力し、本人確認を行います。
  • プッシュ通知: サインインページで[プッシュ通知を受け取る]を選択すると、Okta Verifyメッセージがデバイスに表示されます。[Yes(はい)]をタップして本人確認を行います。
  • Okta FastPass*:サインインページでOkta FastPassを使用する]または[Okta FastPassでサインインする]を選択した場合は、このOkta Verify認証オプションを使用します。パスワードを入力しなくても安全にアカウントにアクセスできます。
    *管理者への注意:この機能はOkta Identity Engineでのみ使用できます。

はじめに

  • 最新バージョンのOkta Verifyがデバイスにインストールされていることを確認してください。アプリを開いてアカウントをセットアップします。詳細は、「AndroidデバイスでOkta Verifyをセットアップする」を参照してください。
  • Okta Verifyのバックグラウンドでの実行が制限されていないことを確認します。[Settings(設定)][Battery(バッテリー)][Adaptive Battery(アダプティブバッテリー)][Restricted apps(制限されたアプリ)]に移動し、Okta Verifyが制限されたアプリとして表示されていないことを確認します。このページにOkta Verifyが表示されるときは、チェックボックスをオフにしてアプリをバッググラウンドで実行できるようにします。

タスク