必要なアクセスポリシーを追加する

このタスクでは、接続をWebSocketに変換するために必要なポリシーを作成します。

各WebSocket URIのアクセスポリシーを追加するには:

  1. WebSocketアプリケーションで、[Policies(ポリシー)] タブに進みます。
  2. ポリシーリストのトップにある追加アイコン ()をクリックし、[Protected(保護対象)]を選択します。

    ポリシータイプの詳細については、Access Gatewayポリシーのタイプについてを参照してください。
    画面下で[Add New Policy(新規ポリシーの追加)]ペインが開きます。
  3. 以下を入力します。
    フィールド
    名前WebSocket URIなど、適切なポリシー名
    ポリシータイプProtected(保護対象)
    リソースパスWebソケットのURL
    例:/path/to/ws1
  4. [Advanced(詳細設定)]を展開します。
  5. [Custom Configuration(カスタム構成)]テキスト領域に、以下のコードを入力します。
    下のポリシーを入力:
     proxy_set_header Upgrade $http_upgrade; proxy_set_header Connection "upgrade"; 

  6. [Not validated(未検証)]をクリックしてコードブロックを検証します。
    成功すると、[Not validated(未検証)]ボタンが[Valid(有効)]に変わります。
  7. エラーがある場合は修正し、[Okay(OK)]をクリックしてポリシーを確定します。
  8. 各WebSocketのURIについてこの手順を繰り返します。
  9. [Done(完了)]をクリックしてアプリケーションを完成させます。

関連項目

WebSocketプロキシのNGINXサポートについての詳細は、http://nginx.org/en/docs/http/websocket.htmlを参照してください。

次の手順

テスト