Access Gateway Classic SSO 使用時のOracle E-Business Suiteリファレンス アーキテクチャ

このリファレンス アーキテクチャは、EBS Classic SSO向けに構成されたOracle E-Business SuiteとAccess Gatewayとの統合に必要な構成要素、フロー、バージョン要件を示します。

トピック:

アーキテクチャ



EBS Classicフロー

フロー

  1. ユーザーがサインインします。
  2. EBSユーザーIDがAccess Gatewayに送信されます。
  3. データストアを使用して、EBSユーザーIDを使用するUIDを検索します。
  4. USER_ORCLGUID(ヘッダー内)がOracle AccessGateに送信されます。
    AccessGateがEBSセッションCookieを生成します。
  5. EBSセッションCookieを付けてEBSにリダイレクトされます。
  6. EBSがCookieを検証し、EBSアプリケーション セッションを確立します。

構成要素および要件

構成要素説明および要件
Okta Access GatewayAccess Gateway Classic EBSとして構成した場合、Okta Access GatewayのすべてのバージョンはOracle E-Business Suiteをサポートします。
Oracle E Business Suite

サポート対象バージョン:

(missing or bad snippet)
Okta Access GatewayデータストアAccess Gateway内で構成され、Oracle Internet Directory (OID)またはOracle Unified Directory (OUD)との接続に使用されるデータストア。EBSユーザーを提供し、USER_ORCLGUIDとして使用される値を返します。

Okta属性

USER_NAME、電子メールアドレスの形式。

ヘッダー属性

EBS Cookieセッションを返すために、Access GatewayによってOracle AccessGateに引き渡されるヘッダー属性。

  • USER_NAME
  • USER_ORCLGUID
外部URLAccess Gateway内の[Public Domain(パブリックドメイン)]フィールドで指定された外部URL。
例:ebs-external.example.com
内部URLAccess Gateway内の[Protected Web Resource(保護対象Webリソース)]フィールドで指定された内部URLおよびポート。
例: ebs-internal.example.com:8000

Oracle AccessGate URL

Oracle AccessGateのインスタンスにアクセスするために使用されるURL およびポート。
例:ebs-accessgate.example.com:6801

Oracle OID/OUD URLOracle Unified DirectoryまたはOracle Internetディレクトリのいずれかのインスタンスにアクセスするために使用されるURLおよびポート。
例:ebs-oid.example.com:3060