データベース データストアを追加する

(missing or bad snippet)

SQLデータベース データストアの構成

[SQL Database(SQLデータベース)]を選択すると[Create New DataStore(新規データストアの作成)]ウィザードが開き、SQL データストア用に初期化されます。

  1. 以下を入力します:
    フィールド説明
    Name(名前)データストアの識別に使用される名前My SQL Datastore
    Driver(ドライバー)

    データストアのドライバー。以下より1つ選択:

    • MySQL/MariaDB
    • PostgreSQL
    • MSSQL Server
    • OracleDB
    MySQL/MariaDB
    HostName:Port(ホスト名:ポート)データベースインスタンスのFQDNおよびポートを入力mysqlserver.example.com:3306
    Database(データベース)データベース内のデータベース(スキーム)の名前userDatabase

    Username(ユーザー名)

    データベースにアクセスするユーザー名

    dbuser

    Password(パスワード)

    ユーザー名に関連付けられたパスワード

    password*

    Advanced Query Mode(詳細クエリモード)

    無効:テーブル名を指定

    people

  2. 完了したら[Not validated(未検証)])ボタンをクリックします。Okta Access Gatewayが接続を検証します。
    検証が問題なく終了したら、ボタンが[Valid(有効)])に変わります。
  3. Clause Conditions(句の条件)セクションに、Where句を入力します。Where句は、Oktaテナントとデータベースとの間の結合を定義します。
    1. (+) をクリックします。
    2. 句の内容を新規入力するダイアログボックスで、以下を入力します:
      フィールド

      フィールド結合するデータベースフィールド

      email

      Value(値)結合先のIDPフィールド

      ${email@idp}


      結果は以下のようになります:
      情報

      メモ

      [Value(値)]フィールドには固定値またはデータストア内のフィールドへの参照を含めることができます。最もよくある例は${fieldInIdP@idp}です。ここでfieldInIdPはテーブル結合に使用するフィールドを表し、IDPプロファイルで利用可能なフィールドから取得されます。

    3. 完了したら[Save(保存)])をクリックします。
      必要に応じて繰り返します。
    4. [OK]をクリックしてデータストアの定義を保存します。
    注意

    注意

    Where句で使用するフィールドはアプリケーション属性として定義する 必要があります 。フィールドがアプリケーション属性としてリストされていない場合、ランタイムエラーが発生します。
    Where句で排他的に使用される属性は[don't send(送信しない)]にマークする必要があります。
    詳しくはアプリケーション属性を管理するをご覧ください。

  4. データストアをアクティブにする。
    データストアが作成された時、デフォルトで非アクティブに設定されています。[Active(アクティブ)]トグルボタンを非アクティブからアクティブに切り替えてデータストアをアクティブにします。

テスト

データベース データストアをテストするには:

  1. データベース データストアに関連付けられた行で、[Simulate(シミュレート)]をクリックします。
  2. 各Where句のフィールドで、IDPの関連するエントリと一致する値を入力します。
  3. [Test(テスト)]をクリックして合計シミュレーションを実行します。
    [Close(閉じる)]をクリックして終了します。
  4. 結果を確認します。提供されたキーのデータストアからデータが返されているはずです。