管理者の/etc/hostsエントリを構成する

Access Gatewayへの初回アクセス時に、以下のエントリをローカル /etc/hostsファイルに追加します。

OSX/Linuxでは、このファイルは/etc/hostsにあります。
Windowsでは、このファイルはc:\windows\system32\drivers\etc\hostsにあります。

エントリを追加します:
ip of instanceadmin

ip of instancegw-admin[.yourdomain.tld]

メモ

メモ

構成後は、ローカルブラウザーからhttps://adminを使用してAccess Gateway Admin UIコンソールに到達できるはずです。


例:

# . . . # Example IP address of Okta Access Gateway 192.168.32.129 admin 192.168.32.129 gw-admin.mysite.mycompany.com 

重要事項

重要

これら2つのエントリは開発目的で使用されます。実稼働環境では、 Access Gateway Admin UIコンソールが初期化された後adminエントリは削除されます。
さらに、gw-adminエントリは通常DNSに入力されます。 Access Gateway DNSの使用についての詳細は、Access GatewayのDNSの使用についてを参照してください。