OVAをAWSにインポートする

事前に作成したロールを使用してOVAをインポートします。

情報

メモ

AWSでは、VMをインポートするためにvmimportのIDを使用する必要があります。

コマンドラインimport-imageコマンドと同等のAWSコンソールはありません。

vmimportのIDを使用してOVAイメージをAMIイメージに変換するには:

  1. インポート中に使用するコンテナの位置を表すjsonファイルを作成します。
     [ { "Description": "DESCRIPTION", "Format": "ova", "UserBucket": { "S3Bucket": "BUCKET_NAME", "S3Key": "FILE_NAME" } } ]
    containers.json


    BUCKET_NAMEをバケット名に置き換えます。例:"access-gateway-bucket"
    DESCRIPTIONを適切な説明に置き換えます。例:"Okta Access Gateway"
    FILE_NAMEをOVAファイルの名前に置き換えます。例:"Okta-AccessGateway.ova"

  2. 以下のようなコマンドを使用してインポートプロセスを開始します:
    aws ec2 import-image --description "Okta Access Gateway" --license-type "BYOL" --disk-containers "file://~/Downloads/containers.json" 
  3. コマンドの出力を確認し、インポートプロセスに関連付けられたタスクIDをメモしておきます。

     { "Status": "active", "LicenseType": "BYOL", "Description": "AG2019.ova.", "SnapshotDetails": [...], "Progress": "2", "StatusMessage": "pending", "ImportTaskId": "import-ami-08800a79da64acae7" } 

  4. タスクIDを使用してインポートの進行状況を確認します。
    aws ec2 describe-import-image-tasks --import-task-ids TASK_ID
    ここでタスクIDは前のステップからの値です。例:
    aws ec2 describe-import-image-tasks --import-task-ids import-ami-08800a79da64acae7

    インポートの進行状況はProgress json要素に表示され、0~100%のパーセンテージで表されます。

    1. ステータス完了に達するまでインポートを監視します。例:

      { "ImportImageTasks": [ { "Status": "completed", "LicenseType": "BYOL", "Description": "AG2019.ova.", ImageId": "ami-0c20c537e7f8dd6a5" }

      メモ:ImageIdフィールドは、AWSコンソールでイメージのインポートを確認するために使用されます。

  5. インポートの終了をAWSコンソールで確認します。

    1. AWS コンソールに戻ります。

    2. Services(サービス)> EC2に進みます。

    3. 左側のナビゲーションペインで、Images(イメージ)> AMIの順に選択します。

    4. イメージリストを確認し、一致するIDを持つイメージを探します。


      AWS AMIイメージリスト

関連項目