VMを作成する

Microsoft Azure仮想マシンを作成するには:

  • 仮想マシンを定義する
  • 事前に作成したディスクを新しい仮想マシンに関連付ける

現在、Microsoft Azureポータルを使用してVMを構築し、事前に作成したディスクをOSディスクとしてを添付する方法はありません。コマンドラインを使用してVMを作成する方法については、[コマンドライン]タブをご覧ください。

注意

注意

ディスクを作成する前に必ずaz disk revoke-accessコマンドを実行してください。以前のディスクへのアクセス権の撤回に失敗すると、ディスクが利用できないためにVMコマンドがタイムアウトしたり致命的なエラーが起こる可能性があります。

  1. az disk listコマンドを使用して利用可能なディスクの詳細を一覧表示します。

     az disk list --resource-group< resource-group>

    ここで:

    • <resource-group>以前に作成したリソースグループの名前。例えば、AccessGatewayなど。

    例:

    az disk list --resource-group AccessGateway 

    以下のような結果が生成されます:

    {
    . . .
    "encryptionSettingsCollection": null,"hyperVgeneration": "V1", "id": "/subscriptions/8bc.../resourceGroups/AccessGateway. . ./disks/AG2020-05-00", "location": "eastus", ... }

  2. az vm createコマンドを使用してVMを作成します:
    az vm create --resource-group <resource-group> --location <region> \\ --size <size of VM> \\ --name <name-of-VM> --os-type linux --attach-os-disk <virtual-disk> 

    ここで:
    • <region>はVMが格納されているリージョン。
    • <size>はVMのサイズ。利用可能なサイズの一覧については、az vm list-skus --location <region> --output tableをご覧ください。
    • <name-of-vm>はVMの名前。
    • <virtual-disk>はVMに関連付けられた仮想ディスクの名前。
    • <resource-group>はVMを格納するために事前に作成したリソースグループの名前。

    例:

    az vm create --resource-group AccessGateway --location eastus \ --name AccessGateway.5.0 --os-type linux \ --attach-os-disk AccessGateway-2020.5.0 -size Standard_D2s_v3

    以下のような結果が生成されます:

     {- Finished .. "fqdns": "", "id": "/subscriptions/508555fa. . . /resourceGroups/AccessGateway/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/OAG5.0VM", "location": "eastus", "macAddress": "00-0D-3A-0E-9C-C1", "powerState": "VM running", "privateIpAddress": "10.0.0.5", "publicIpAddress": "52.167.120.101", "resourceGroup": "AccessGateway", "zones": "" } 

関連項目