Access Gatewayプロキシサーバーを設定する

以下の手順で、Access Gatewayのプロキシを指定する方法を説明します。

重要事項

重要

プロキシの設定または設定解除後はシステムを再起動する必要があります。再起動のために十分なダウンタイムを見込んでください。

  1. (missing or bad snippet)
  2. 1を入力します - Network(ネットワーク)
  3. 5を入力します - Proxy settings(プロキシ設定)
    資格情報の使用など、すべてのプロキシ関連のコマンドのリストについては、Command Line Management Consoleのリファレンス[Network(ネットワーク)] > [Proxy(プロキシ)]を参照してください。
  4. 1 - Set proxy(プロキシの設定)または2 - Unset proxy(プロキシの設定解除)を選択します。

    いつでも[ctrl][c]を押して処理を中断できます。

    • プロキシの設定
      Enter proxy host(プロキシホストを入力する):<プロキシホスト名>または<プロキシのIPアドレス>
      Enter proxy port(プロキシのポートを入力する):<プロキシがリッスンするポート>
      Enter hosts that need to bypass proxy(プロキシをバイパスするホストを入力する):<プロキシをバイパスするホストがカンマで区切られたリスト>
      [y]を入力して確定するか、[N]を入力してキャンセルします。
    • プロキシの設定解除
      [y]を入力してプロキシの設定を解除するか、[N]を入力してキャンセルします。

  5. [x]を入力して[Proxy settings(プロキシ設定)]メニューに戻ります。
  6. [x]を入力して[Network(ネットワーク)]メニューに戻ります。
  7. [x]を入力してメインメニューに戻ります。
  8. 5 - System(システム)を入力します。
  9. 5 - Reboot(リブート)を入力します。
  10. [y]を押してリブートを確定します。
重要事項

重要

高可用性クラスターの場合:すべてのクラスターメンバーについて処理を繰り返します。