高可用性のベストプラクティス

Access Gateway高可用性を構成する際のベストプラクティスと検討事項:

  • 高可用性クラスターを構成する前に、[System(システム)]>[High Availability(高可用性)] > [Reset Keys(キーをリセット)]を使用して管理者およびワーカー インスタンスを含むすべてのクラスターメンバーのキーをリセットします。
  • 常に新しいAccess Gatewayインスタンスにホスト名が設定されていることを確認します。デフォルトでは、インスタンスのホスト名はoag.okta.comに設定されています。
    Access Gateway Managementコンソールで[System(システム) ] > [Hostname(ホスト名)]コマンドを使用して現在のホスト名を変更するか確認します。
  • Access Gatewayインスタンスを初期設定する際に、[System(システム)] > [Reset(リセット)]コマンドを使用してインスタンスを初期状態にリセットします。

Access Gatewayコマンドラインの操作について詳しくは、Command Line Management Consoleのリファレンスをご覧ください。

情報

メモ

Access Gateway高可用性クラスターを構成する際に、いつでもOktaテナントをIDPとして追加できます。さらに、いつでもアプリケーションを追加できます。