Access Gateway Managementコンソールについて

Access Gateway Managementコンソールは、システム全体として固有のオプションと設定を提供します。Command Lineコンソールを使用して、ネットワーキングの管理、NGINX設定の指定、高可用性の設定など行えます。

初回サインイン時

Access Gatewayに初めてアクセスすると、デフォルトパスワードを変更するよう求められます。

(missing or bad snippet)

サインインすると、以下のような様々なメニューオプションがシステムから利用できます:

Network(ネットワーク)メニュー

[Network(ネットワーク)]メニューにはネットワークのステータスを確認したりネットワーク設定を変更するオプションが含まれています。

Service(サービス)メニュー

(missing or bad snippet)

Kerberosメニュー

[Kerberos]メニューではKerberosチケットをリスト表示したり破棄できます。

チケットの一覧を表示すると、ソフトウェアは資格情報キャッシュまたはキータブファイルに格納されているKerberosプリンシパルとKerberosチケットを提供します。

ユーザーのアクティブなKerberos認証が含まれた資格情報キャッシュを上書きして削除することで、これを破棄できます。

Monitoring(監視)メニュー

[Monitor(監視)]メニューではAccess Gatewayログを表示し、ログ取得時のデバッグモードを有効または無効にし、メモリ使用率の統計情報を表示できます。
Access Gatewayのロギングについてもご覧ください。

System(システム)メニュー

[System(システム)]メニューでは、Access Gatewayインスタンスのホスト名を変更し、高可用性を設定し、パッケージを追加または削除し、Access Gatewayインスタンスをリブート/シャットダウンできます。

Access Gatewayコンソールのパスワードを変更する

[Change Access Gateway Console Password(Access Gatewayコンソールのパスワードを変更する)]メニューでは、oag-mgmtユーザーのパスワードを変更できます。

Access Gateway Webコンソールのパスワードを変更する

[Change Access Gateway Web Console Password(Access Gateway Webコンソールのパスワードを変更する)]メニューでは、Access Gateway Admin UIコンソールで管理者のパスワードを変更できます。

サポート接続

[Support Connection(サポート接続)]メニューオプションではサポート接続をアクティベートまたは非アクティベートできます。

関連項目

サポートされるコマンドの全リストは、Command Line Management Consoleのリファレンスをご覧ください。