IdPによって開始されるフローをブックマーク・アプリでシミュレートする

アプリケーションが、SPによって開始されるフローしかサポートしない場合、ブックマーク・アプリを使用するとIdPによって開始されるフローをシミュレートできます。ブックマーク・アプリケーションを使用するエンド・ユーザーは、Oktaのチクレットをクリックしてアプリケーションにサインインします。チクレットは、アプリのドメインURLに移動するブックマークを内部的に呼び出し、その後Oktaを呼び出します。ブックマークのチクレットをカスタマイズすることで、SPによってフローが開始されるアプリケーションのロゴを表示できるため、エンド・ユーザーのエクスペリエンスはほかのアプリケーションへのログオン時と変わりません。

:プロビジョニング機能はブックマーク・アプリではサポートされていません。

ブックマーク・アプリケーションを使用する

  1. 最初に、SPによってフローが開始されるアプリケーションをセットアップします。これによりチクレットが作成されます。このチクレットは必ず非表示にしてください。

    チクレットを非表示にするには、該当するアプリケーションの[一般]タブを選択して、[編集]ボタンをクリックします。次に示す[アプリケーションの可視性]セクションで両方のオプションをオンにします。

    このスクリーンショットは、[アプリケーションの可視性]オプションを示しています。

  2. 次に、ブックマーク・アプリを追加します。次に示すように、アプリ名に加え、SPによってフローが開始されるアプリの作成時に指定したドメインのURLを入力します。

    重要: ブックマーク・アプリを非表示にしないでください。次に示すように、[アプリケーションの可視性]ボックスは両方ともオフのままにします。

    このスクリーンショットは、入力が必要な[アプリケーション・ラベル]と[URL]のフィールドを示しています。

  3. 次の画面に進み、必要に応じてアプリを割り当てます。

タイルの外観を変更する

ブックマーク・アプリのチクレットの外観を変更して、呼び出されたことがわかるようにするために、そのアプリのロゴと説明をブックマーク・アプリに追加できます。

  1. アプリを割り当てると、次の画面が表示されます。編集アイコンをクリックしてロゴ編集画面を開きます。

    このスクリーンショットは編集ボタンの場所を示しています。

  2. [ロゴを編集]ウィンドウが開きます。必要に応じてロゴを変更し、エンド・ユーザーが、開いているアプリを把握できるようにします。

    このスクリーンショットは[ロゴを編集]ウィンドウを示しています。