OktaテンプレートアプリとOktaプラグインテンプレートアプリを構成する

テンプレートアプリを使用すると、稼働中のシステムでリアルタイムにアプリケーション統合を作成できます。カスタムアプリを作成するには、次の一般的なセキュアWeb認証(SWA)テンプレートアプリから必要なものを選択します。

  • Template App(テンプレートアプリ) – アプリがフォームPOSTを介した認証をサポートする場合に使用します
  • Template Plugin App(テンプレートプラグインアプリ) – アプリサイトのページにユーザー名/パスワード/送信ボタンのフィールドがある場合に使用します
    情報

    テンプレートプラグインアプリまたはテンプレートフレームプラグインアプリを構成する場合、関連するフィールドに、パラメーターではなくCSSセレクターを指定します。こうしたフィールドへの入力とログインボタンのクリックに、これらのプラグインが使用されるためです。

  • Template App 3 Fields(3フィールド用テンプレートアプリ) – 上記の事例に類似。アプリのページに会社IDなどの追加フィールドがある場合に使用します
  • Template 2 Page Plugin App(2ページ用テンプレートプラグインアプリ) – テンプレートプラグインアプリに類似。サインインフローが2つのページに分かれている場合に使用します
  • Template Basic Auth App(テンプレート基本認証アプリ) – アプリが基本認証をサポートする場合に使用します
  • Template Frame Plugin App(テンプレートフレームプラグインアプリ) – アプリがiframeをサポートする場合に使用します

手順

  1. [Applications(アプリケーション)]> [Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. [Add Application(アプリケーションの追加)]をクリックします。
  3. [Template(テンプレート)]を検索します。
  4. 検索結果から、目的のタイプのテンプレートアプリを追加します。

既知の問題

ログインページがユーザーを元のURLにリダイレクトする場合、テンプレートプラグインアプリは、無限ループを引き起こすため動作しません。SWAアプリケーションはユーザーをログインページに戻さずに、Webサイトのホームページにリダイレクトしなければなりません。つまり、ログインページはユーザーの資格情報を受け入れ、ユーザーをOktaのホームページにリダイレクトする必要があります。

関連項目

OktaテンプレートWSフェデレーションアプリケーションを構成する