Office 365のプロビジョニング解除オプション

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

Office 365ユーザーの無効化またはプロビジョニング解除は、ユーザーがOktaで割り当てを解除されているか、ユーザーのOktaアカウントが非アクティブ化されている場合に行われます。Oktaでアプリを再度割り当てると、ユーザーを再度割り当てられるようになります。強化されたプロビジョニング解除は、プロビジョニング済みのOffice 365インスタンスでのみ機能し、よりきめ細かいオフボーディング・ワークフローを備えています。

[非アクティブ化されているMicrosoft Office 365ユーザーのステータス]メニューの下にあるオプションを使用すると、エンド・ユーザーのきめ細かい非アクティブ化とプロビジョニング解除が可能になります。

ユーザーを削除するどのアクションに対しても、3日間の猶予期間を含めることを推奨していします。これにより、Office 365で削除されたユーザーとそのデータの復元が必要になることが減ります。

情報

注意

プロビジョニング解除中にMicrosoftが削除したデータは復元できません。

オプション機能

サインインをブロック

  • Office 365エンド・ユーザーのサインインをブロックしますが、ユーザー・アカウント上のライセンスとユーザー・データは保持されます。

サインインをブロックしてライセンスを削除

  • Office 365エンド・ユーザーのサインインをブロックして、Office 365エンド・ユーザーに割り当てられたすべてのライセンスを即座に削除します。
  • これにより、他のOffice 365アプリ(OneDrive、SharePointなど)内のユーザーの個人フォルダーから保存済みのデータが削除される場合もあります。
  • 現在、Microsoftではデータを30日間保持しています。その後、このデータは復元できなくなります。

サインインをブロックし、猶予期間の後でライセンスを削除

  • Office 365エンド・ユーザーのサインインをブロックして、指定された待機日数を過ぎるとエンドユーザー・ライセンスを削除します。
  • 猶予期間を設けることで、管理者は、一時的にユーザー・データとライセンスを保持して情報をバックアップする時間や、他のユーザーにアクセス権を付与してアカウントを確認できるようにする時間を確保できます。
  • 猶予期間が終了すると、他のOffice 365アプリ(OneDrive、SharePointなど)内の個人用フォルダーに保存済みのデータに対して、Microsoftの削除プロセスが適用されます。
  • 現在、Microsoftではデータを30日間保持しています。その後、このデータは復元できなくなります。
  • 猶予期間が終了する前にユーザーがOffice 365に再度割り当てられた場合、ライセンスは削除されず、ユーザーは元の状態に復元されます。
サインインをブロックし、ライセンスを削除してユーザーを削除
  • Office 365エンド・ユーザーのサインインをブロックして、Office 365エンド・ユーザーに割り当てられたすべてのライセンスを即座に削除し、Office 365アカウントも削除します。
  • これにより、他のOffice 365アプリ(OneDrive、SharePointなど)内のユーザーの個人用フォルダーから保存済みのデータが削除される場合もあります。
  • 現在、Microsoftではデータを30日間保持しています。その後、このデータは復元できなくなります。
サインインをブロックし、猶予期間の後でライセンスを削除してユーザーを削除
  • Office 365エンド・ユーザーのサインインをブロックして、指定した待機日数を過ぎるとエンドユーザー・ライセンスとOffice 365アカウントを削除します。
  • 猶予期間を設けると、管理者は一時的にユーザー・データ、ライセンス、アカウントを保持して情報をバックアップする時間や、他のユーザーにアクセス権を付与してアカウントを確認できるようにする時間を確保できます。
  • 猶予期間が終了すると、他のOffice 365アプリ(OneDrive、SharePointなど)内の個人用フォルダーに保存済みのデータに対して、Microsoftの削除プロセスが適用されます。また、ユーザーのOffice 365アカウントも削除されます。
  • 現在、Microsoftではデータを30日間保持しています。その後、このデータは復元できなくなります。
  • 猶予期間が終了する前にユーザーがOffice 365に再度割り当てられた場合、ライセンスは削除されず、ユーザーは元の状態に復元されます。