Office365ユーザーのプロビジョニング中にグループのインポートをスキップする

Office 365をOktaに連携認証している間、ユーザーグループとグループメンバーシップのOktaへのインポートをスキップすることができます。これにより、最初にユーザーのプロビジョニングを集中的に行ってから、デプロイメントプロセスでグループの割り当てを行うことが可能になります。Oktaへの連携認証が必要なOffice 365ドメインやテナントが組織に複数ある場合に便利です。

インポートをスキップするには:

  1. Office 365の[App(アプリ)] > [Provisioning(プロビジョニング)]>[Integration(統合)]タブに移動します。
  2. [Import Groups(グループをインポート)]オプションのチェックを外します。このオプションはデフォルトで選択されています。
[Import Groups(グループをインポート)]実行される操作の内容
選択デフォルトのオプションです。すべてのユーザーとグループがOktaにインポートされます。
選択解除グループはインポートされません。ドメインに属していて、Oktaにインポート済みのグループは削除されます。関連付けられているアプリの割り当てのポリシーは、すべて失われます。これ以降は、チェックボックスを選択するとOktaにグループをインポートできます。