プロビジョニング

Okta Lifecycle Managementのプロビジョニング機能により、組織のアカウント管理が自動化されます。クロスドメインID管理システム(SCIM)仕様は、Oktaとクラウドベースまたはオンプレミスのアプリケーションとの間でプロビジョニングアクションを実行するために使用されます。Oktaを構成し、外部アプリケーションと同期する属性を選択すると、変更が検出されたときにユーザープロファイルが自動的に更新されます。

クラウドプロビジョニング

構築済みのOkta Integration Network(OIN)のアプリ統合を使用するか、独自のカスタムAPI接続をセットアップして、Oktaとクラウドベースのアプリケーション間でユーザーをプロビジョニングすることができます。

はじめに

クラウドプロビジョニングのコンセプト、構成要素、およびアーキテクチャを理解する

プロビジョニングアプリをデプロイする

Okta環境でプロビジョニングをセットアップしてアプリをユーザーに割り当てる方法を理解する

プロビジョニングされたユーザーを管理する

一般的なユーザー管理タスクとトラブルシューティングについての知識を得る

オンプレミスプロビジョニング

オンプレミスプロビジョニングを使用して、企業ファイアウォールの背後にインストールされているアプリケーションとOktaとの間でユーザーをプロビジョニングできます。Active DirectoryまたはWebサービスAPIを使用して、アプリケーションのユーザーアカウントを管理できます。

はじめに

オンプレミスプロビジョニングアーキテクチャとその前提条件を理解する

オンプレミスプロビジョニングをデプロイする

Oktaオンプレミスプロビジョニング方法を理解する

SCIMコネクターを管理する

オンプレミスプロビジョニングに必要なSCIMコネクターを作成してテストする