Okta Browser Pluginのインストールとアップグレードの管理

Okta Browser Pluginを構成して、プラグインのインストールとアップグレードに加え、一部のブラウザの動作を管理できます。このオプションは、エンドユーザーが自分のコンピュータにOkta Browser Pluginをインストールしたり管理したりできないロックダウン環境で役立ちます。

[Settings(設定)]>[Customization(カスタマイズ)]>[General(一般)]>[Okta Browser Plugin]>[Edit(編集)]で、次の設定を構成できます:

 

1.エンドユーザーに対してプラグインのインストール/アップグレードのメッセージが表示されないようにする

 

オプション 結果
Yes(はい)

Okta Browser Pluginをインストールまたはアップグレードするようにユーザーに促すメッセージが非表示になります。

このオプションが有効な場合、エンドユーザーはOktaダッシュボードからSWAアプリにアクセスするために、ブラウザプラグインをデバイスにインストールする必要があります。

No(いいえ)

まだ行われていない場合に、Okta Browser Pluginをインストールまたはアップグレードするようにユーザーに促します。

注:デフォルトでNo(いいえ)のオプションを使用します。

 

2. グループのOktaツールバーを有効にする

これを使用して、Oktaの外にあるアプリにツールバーでアクセスできるグループを指定します。

 

3. 新しい組織にアクセスするエンドユーザーに警告を表示する

 

オプション 結果
Don't show warning(警告を表示しない)

エンドユーザーがプライマリ組織ではない組織にログインしようとした際、警告を表示しない場合にこれを選択します。

Show warning(警告を表示する) エンドユーザーがプライマリ組織ではない組織にログインしようとした際、警告を表示する場合にこれを選択します。
組織を指定する 最大10の組織のホワイトリストを作成して、エンドユーザーにその組織へのアクセスを許可できます。現在の組織は自動的にホワイトリストに追加されます。ドロップダウンリストからOktaドメインを選択します。