組織のエージェントのステータスを表示する

[ステータス]セクションを使用して、リアルタイムのパフォーマンスの最新情報と組織が使用しているエージェントを表示します。エージェントには次の4つのコードがあります。

  • [稼働中]:すべてのエージェントとアプリ・インスタンスが緑色です。
  • [低下]:エージェントはダウンしていますが、アプリ・インスタンスはバックアップ・エージェントを介して接続されたままです。
  • [障害]:アプリ・インスタンスのすべてのエージェントがダウンしていて、アプリが接続されていません。
  • [読み込み失敗]:エージェント・ステータスの取得に失敗しました。[ページを更新]をクリックします。

集合ステータスが[低下]または[障害]であるアプリ・インスタンスまたはエージェントの横には、赤いインジケーターが表示されます。新しい[エージェント]ページを開くには、[詳細]をクリックします。

[ステータス]セクションの[エージェント]をクリックすると、以下が表示されます。

  • RADIUS、IWA、およびRUMのエージェントのタブ
  • Active Directory(AD)、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)、およびオンプレミス多要素認証のアプリ・インスタンスとエージェントのタブ
各タブには、関連付けられたエージェントのグループが表示されます。このグループでは、個々のエージェントのステータス、説明、接続、およびバージョンが、並べ替え可能な列に一覧表示されます。
  • [ステータス]:[稼働中]、[障害]、[低下]、または[非アクティブ]。これらの個々のエージェント・コードの集合が、管理ダッシュボードの[エージェント・ステータス]セクションに表示されます。
  • [説明]:エージェントID
  • [接続]:[ライブ]、[次からダウン:](該当するタイム・スタンプ付き)、または[N/A]
  • [バージョン]:エージェントのバージョン番号

RADIUSエージェントの場合のみ

次のことが可能です。

  • ステータスに関係なくエージェントを非表示にします。

  • 非表示のエージェントと表示のエージェントでRADIUSエージェントのリストをフィルタリングします。

エージェントを非表示にすると、表示されているエージェントのデフォルトリストからエージェントが削除され、そのステータスは管理ダッシュボードの[エージェントステータス]セクションのカウントに含まれません。RADIUSエージェントを非表示にするには、エージェントに関連付けられているドロップダウンボックスから [非表示エージェントとしてマーク ]オプションを選択します。同様に、[表示エージェントとしてマーク]を選択して、表示します。

注

RADIUSエージェントを非表示にしても、非アクティブ化されません。エージェントを非アクティブ化するには、エージェントがインストールされているデバイスからエージェントを手動で非アクティブ化する必要があります。