組織のエージェント ステータスを表示

[Status (ステータス)]セクションを使用すると、リアルタイムのパフォーマンスのアップデートや、組織が使用しているエージェントを確認できます。エージェントには4つのコードがあります。

  • 運用可能:すべてのエージェントとアプリのインスタンスが緑色になっています。
  • 低下:エージェントはダウンしていますが、アプリインスタンスはバックアップエージェントを介して接続されています。
  • 中断:アプリインスタンスのすべてのエージェントが停止し、アプリが接続されていない状態です。
  • 読み込み失敗:エージェント ステータスの取得に失敗。[Refresh page(ページの更新)]をクリックします。

「低下」または「中断」のステータスを持つアプリインスタンスまたはエージェントの横に、赤いインジケーターが表示されます。[Learn more (詳細はこちら)]をクリックすると、新しいエージェントのページが表示されます。

[Status (ステータス)]セクションの[Agents (エージェント)]をクリックすると、以下の内容が表示されます。

  • RADIUS、IWA、およびRUMの[Agent (エージェント)]タブ
  • Active Directory(AD)、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)、およびオンプレミスの多要素認証用のアプリインスタンスとエージェントタブ
各タブには、関連するエージェントのグループが表示されます。グループには、個々のエージェントのステータス、説明、接続、およびバージョンが並べ替え可能な列で表示されます。
  • ステータス:Operational (運用可能)、Disruption (中断)、Degradation (低下)、Inactive(非アクティブ)のいずれか。これらの個々のエージェントコードの集計結果は、管理者ダッシュボードの[Agent Status (エージェントステータス)]セクションに表示されます。
  • 説明:エージェントID
  • 接続:Live (ライブ)、Down Since(ダウン状態開始)(該当するタイムスタンプ付き)、またはN/A(該当なし)
  • バージョン:エージェントのバージョン番号