基本のActive Directory属性

基本の属性とカスタムの属性には違いがあります。Active Directory(AD)では、基本とみなされる属性は10個しかありません。つまり、Oktaにおける最低限のADプロファイルには10個の属性のみが含まれます。プロファイルは10個のフィールドをベースとしていて、それ以外の属性はすべてカスタムとみなされます。以前、これらのカスタム属性の一部は静的プロファイルの一部でしたが、今ではUDでこのカスタム属性を削除できます。

表示名変数名データ型
distinguishedNamedn文字列
mailemail文字列
objectGUIDexternalID文字列
givenNamefirstName文字列
snlastName文字列
managerUpnmanagerUpn文字列
objectSidobjectSid文字列
primaryGroupIDprimaryGroupID文字列
sAMAccountNamesamAccountName文字列
userPrincipalNameuserName文字列

WorkdayなどのアプリケーションからOktaに送信されるmanager値があり、その値をmanagerUPNとしてADで表現できる場合は、managerUpnマッピングを使用します。この場合、マネージャーはユーザーと同じドメインに属している必要があります。

WorkdayなどのアプリからOktaに送信されるmanager値があり、その値をmangerDNとしてADで表現できる場合は、managerDnマッピングを使用します。この場合、マネージャーはユーザーと別のドメインに属していてもかまいません。

managerUPNまたはmanagerDN を不適切な形でマッピングすると、manager値がADのユーザーオブジェクトのアップデートに失敗する可能性があります。