Active Directoryの基本属性

基本属性とカスタム属性には違いがあります。Active Directory(AD)では、10個の属性のみが基本属性と見なされます。つまり、Oktaで最小のADプロファイルに含まれる属性は10個ということになります。10フィールドの基本プロファイル以外のすべての属性は、カスタム属性と見なされます。これらのカスタム属性の一部は、以前は静的プロファイルの一部でしたが、UDを使用して削除できるようになりました。

表示名 変数名 データ型
distinguishedName dn 文字列
mail email 文字列
objectGUID externalID 文字列
givenName firstName 文字列
sn lastName 文字列
managerUpn managerUpn 文字列
objectSid objectSid 文字列
primaryGroupID primaryGroupID 文字列
sAMAccountName samAccountName 文字列
userPrincipalName userName 文字列

Workdayやその他のアプリケーションで取得したマネージャー値があり、その値がADでmanagerUPNと表示される場合は、managerUpnマッピングを使用します。マネージャーとユーザーのドメインは同じになっている必要があります。

Workdayやその他のアプリで取得したマネージャー値があり、その値がADでmangerDNと表示される場合は、managerDnマッピングを使用します。この場合、マネージャーのドメインはユーザーと異なる可能性があります。

managerUPNまたはmanagerDNを誤ってマッピングすると、マネージャー値のユーザーオブジェクトがADで更新できなくなります。