インポートしたActive Directoryユーザーの割り当てを確定する

Active Directory(AD)ユーザーがインポートされると、Okta一致アルゴリズムが適用され、受信するADユーザーが分析されて、既存のOktaユーザーまたはインポートされたアカウントに一致するかどうかが判断されます。インポートおよびアカウントの作成中に、ミラーリングされ(フィールドマッピングとデータ)、インポートされたADアカウントに関連付けられる重複したアカウントがOktaに作成されます。

このタスクを実行するには、スーパー管理者またはOrg管理者の権限が必要です。

  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[Directory Integrations(ディレクトリ統合)]>[Active Directory]>[Import(インポート)]の順に進みます。
  2. インポートしたユーザーと、一致するOktaユーザーの割り当てを確認します。
  3. Oktaユーザーの割り当てを変更するには、Oktaユーザーの右上隅にある下矢印アイコンをクリックして、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [Exact(完全一致)]:インポートされるADユーザーは、既存のOktaユーザーと完全に一致する必要があります。
    • [New(新規)]Oktaに一致するものがない場合は、インポートされたADユーザーが新しいOktaユーザーに割り当てられます。
    • [Existing(既存)]:インポートしたADユーザーを既存のOktaユーザーと照合できます。[Specify(指定)]をクリックし、Oktaユーザー名の入力を開始します。一致するユーザー名のリストが表示されます。リストから適切なユーザーを選択します。
    • [Ignore(無視)]:このユーザーを無視するように選択できます。ユーザーには、Oktaユーザーの割り当ては割り当てられません。
  4. [Confirm Assignments(割り当てを確定)]をクリックします。割り当てを個別に確定することも、すべてのチェックボックスを一度に選択することもできます。
  5. 任意。ユーザーをすぐにアクティブ化する場合は、[Auto-activate users after confirmation(確定後に自動的にアクティブ化されるユーザー)]を選択します。
  6. [Confirm(確定)]をクリックします。

割り当てが処理されます。[Import Result(結果をインポート)]ペインにレコードが表示されなくなります。