インポートに関する考慮事項

Oktaで必要な属性のみをインポートします。たとえば、Active Directory(AD)にTシャツのサイズに関する属性があるが、Oktaやその他のアプリケーションでその属性が必要ない場合は、その属性をユーザープロファイルにインポートしないでください。必要に応じて、その他の属性を後から追加することは可能です。

属性マッピングの削除は困難な作業です。属性マッピングを削除しても、それ以前にインポートされたデータはOktaにより保持されます。Oktaの属性データを削除するには、ユーザープロファイルの属性に空の値を意図的にマッピングする必要があります。