Oktaをソースに使用しているユーザーの組織単位のアップデートを有効にする

Oktaをソースに使用するユーザーや人事アプリケーションをソースとするユーザーがActive DirectoryにプロビジョニングするOktaグループに追加されると、そのグループのプロビジョニング先の組織単位(OU)に一致するADユーザーが自動的に移動されます。複数のグループをADにプロビジョニングでき、また各グループを異なるOUにプロビジョニングできます。1人のユーザーが複数のグループに所属している場合、そのユーザーがどのOUに追加されるかはグループの優先順位で決まります。グループへのユーザーの追加時にはグループの優先順位が尊重され、OUが変更されない場合もあります。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [Directory Integrations(ディレクトリ統合)]に移動します。
  2. [Active Directory]をクリックしてから、[Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックします。
  3. [Filters(フィルター)]リストで[To App(アプリへ)]をクリックします。
  4. 右側のペインで[Edit(編集)]をクリックします。
  5. [Update User Attributes(ユーザー属性の更新)]エリアで、[Update OU when the group that provisions a user to AD changes(ユーザーをADにプロビジョニングするグループが変更されたときにOUを更新)]のチェックボックスを選択します。
  6. [保存]をクリックします。