Active Directoryユーザーのインポートをスケジュールする

インポートのスケジュール設定を利用して、Active Directory(AD)からユーザーをインポートする頻度を定義します。[Do not import users (ユーザーをインポートしない)]では、[Skip users during import (インポート時にユーザーをスキップします)] を選択すると、ディレクトリから新しいユーザーをインポートすることなく、ユーザープロファイルとグループの同期を保つことができます。 インポート機能を使用してグループを同期させたいが、 ジャストインタイム (JIT)プロビジョニングを使用して新しいOktaユーザーを作成したい 場合に、このオプションを使用します。ADインスタンスのインポートのスケジュールオプションで[Do not import new users(新しいユーザーをインポートしない)]が選択された場合に、managerまたはassistantの式を使用すると正しくない値やNULL値が返されます。managerとassistantの式の一覧を表示する場合は、Okta式言語をご覧ください。

インポートが成功して特定の条件が満たされると、 指定された管理者宛にメールが自動送信 されます。このメールには、インポート時にスキャン、追加、アップデート、削除されたユーザーとグループの数が記載されます。Oktaは、スキャンで新しいユーザーやグループが検出された場合や、既存のユーザープロファイルやグループメンバーシップの変更があった場合にのみメールを送信します。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [Directory Integrations(ディレクトリ統合)]に移動します。
  2. [Active Directory]をクリックしてから、[Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックします。
  3. [Settings(設定)] リストで[To Okta(Oktaへ)]をクリックします。
  4. [General(一般)]エリアの[Edit(編集)]をクリックします。
  5. [Schedule import(インポートのスケジュール)]リストで、ADからOktaにユーザーをインポートする頻度を選択します。

インポートが成功して特定の条件が満たされると、指定された管理者宛にメールが自動送信されます。このメールには、インポート時にスキャン、追加、アップデート、削除されたユーザーとグループの数が記載されます。Oktaは、スキャンで新しいユーザーやグループが検出された場合や、既存のユーザープロファイルやグループメンバーシップの変更があった場合にのみメールを送信します。

  1. [保存]をクリックします。