Okta IWA Webエージェントのフェイルオーバーを構成する

フェイルオーバーの設定によって、プライマリOkta IWA Webエージェントが使用できない場合のユーザー・エクスペリエンスが決まります。システム・ログをチェックして、いつフェイルオーバーが発生し、バックアップOkta IWA Webエージェントが昇格したかを確認できます。

  1. 管理コンソールで、[Security(セキュリティー)]>[Delegated Authentication(委任認証)]に移動します。
  2. [On-Prem Desktop SSO(オンプレミスデスクトップSSO)]エリアで、[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Failover(フェイルオーバー)]で、フェイルオーバーの設定を選択します。
    • [Redirect to backup IWA if primary goes offline(プライマリがオフラインになった場合にバックアップIWAにリダイレクトする)]:これを選択すると、プライマリIWA Webエージェントがオフラインになった場合、Oktaは自動的に正常なIWA Webエージェントに切り替えます。AD Agentは、設定した各IWA Webエージェントの状態をチェックします。
    • [Only redirect to primary IWA agent(プライマリIWAエージェントにのみリダイレクトする)](デフォルト):これを選択すると、プライマリIWAエージェントがオフラインになった場合、オンラインに戻ったときにユーザーがプライマリIWAエージェントにリダイレクトされます。バックアップIWA Webエージェントを構成していない場合、またはユーザーをグローバル・リダイレクトURLにリダイレクトしたくない場合は、通常、このオプションを選択します。「Okta IWA Webエージェントのフェイルオーバーを構成する」を参照してください。
    • [Only redirect to the following URL(次のURLにのみリダイレクトする)]:これを選択すると、ユーザーは指定されたURLにリダイレクトされます。これは通常、ロードバランサーに転送するために使用されます。
  4. [Save(保存)]をクリックします。