Active Directory DSSOサインアウト・ページをカスタマイズする

デスクトップ・シングル・サインオン(DSSO)を有効にすると、ユーザーはアカウントからサインアウトするときにサインイン・ページにリダイレクトされます。この場合、DSSOはユーザーがサインイン・ページにアクセスしたことを認識し、自動的にOktaにサインインし直します。これを回避するために、DSSOをバイパスするページにユーザーを送信するようにDSSOを構成できます。

  1. 管理コンソールで、[Settings(設定)]>[Customization(カスタマイズ)]に移動します。
  2. [Sign-Out Page(サインアウト・ページ)]エリアで、[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Use a custom sign out page(カスタムのサインアウト・ページを使用する)]を選択します。
  4. [Sign-out page URL(サインアウト・ページのURL)]フィールドにOktaテナントのURLを入力し、続いて/login/defaultを入力します。例:https://MyCompany.okta.com/login/default
  5. [Save(保存)]をクリックします。