Okta IWA Webエージェントのタイムアウト期間を変更する

エージェントがユーザーをOktaサインイン・ページにリダイレクトする前に、ユーザーのアプリへの自動サインインを試行する時間を構成できます。 これは、ネットワークの速度が遅い環境でアプリ認証のタイムアウト期間を延長する場合に便利です。

  1. IWA Webエージェントをホストしているのと同じサーバーで、 C:\inetpub\wwwroot\IWA に移動し、 web.configファイルを開きます。
  2. 要素<iwaDetection timeout="1000" /> を検索し、timeout属性を変更します(ミリ秒単位で指定)。

    ユーザーをOktaサインイン・ページにリダイレクトする前に、エージェント がIWA SSO機能を検出する時間を長くしたい場合は、この属性の値を増やします。

  3. web.configファイルを保存して閉じます。