Okta IWA Webエージェントを仮想マシンにインストールする

  1. IWA Webエージェントをインストールして設定します。 Okta IWA Webエージェントを仮想マシンにインストールするを参照してください。
  2. IWA Webエージェントをホストするのと同じサーバー上でインターネット情報サービス (IIS)マネージャーを開きます。
  3. [Sites(サイト)] を右クリックして [Add Web Site(Webサイトを追加)]を選択します。
  4. サイトの名前を入力して[Select(選択)]をクリックします。
  5. [Application pool(アプリケーション プール)]で、DefaultAppPoolが選択されていることを確認し、[OK]をクリックします。これにより、この新しいサイトはそれ自身のアプリケーションプールに置かれ、そのサイト用に.NET 2.0を使用してデフォルトでIntegrated(統合)モードになります。
  6. [Physical path(物理パス)]フィールドで、サイトがメインIISサイトファイル ?:\inetpub\wwwrootをポイントすることを確認します。
  7. [OK]をクリックします。

    サイトが作成され、IWAディレクトリを含むディレクトリがその下に表示されます。

  8. この手順の最初に作成したサイトを展開します。
  9. IWA を右クリックして[convert to web application(Webアプリケーションに変換)]を選択します。
  10. WebアプリIWAの名前を付けます。
  11. [Application pool(アプリケーションプール)][OktaIWA application pool(OktaIWAアプリケーションプール)]を選択します。

    このアプリケーションプールは他のWebアプリには割り当てないでください。Okta専用とします。

    IWAアイコンがフォルダアイコンからWebアプリアイコンに変わり、変換が成功したことを示します。

  1. [Connections(接続)]ペインで、作成したサイトをクリックします。
  2. 中央ペインで、[Authentication(認証)]をダブルクリックします。[Anonymous Authentication(匿名認証)] のみが有効にされていることを確認します。
  3. [Connections(接続)]ペインで、作成したサイトの下にある IWAをクリックし、[Authentication(認証)]をダブルクリックします。項目のステータスは以下に一致するはずです。

    Anonymous(匿名) – 有効

    ASP .NET Impersonation(ASP .NET偽装) – 有効

    Forms Authentication (フォーム認証)– 無効

    Windows Authentication (Windows認証)– 有効

  1. IISを再起動します。