Okta IWA Webエージェントを仮想マシンにインストールする

  1. IWA Webエージェントをインストールして構成します。 Okta IWA Webエージェントを仮想マシンにインストールするを参照してください。
  2. Okta IWA Webエージェントをホストしているのと同じサーバーで[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー]を開きます。
  3. [サイト]を右クリックし、 [Web サイトの追加]を選択します。
  4. サイトの名前を入力し、[選択]をクリックします。
  5. [アプリケーション プール]で、DefaultAppPoolが選択されていることを確認し、[OK]をクリックします。これにより、新しいサイトが独自のアプリケーション・プールになり、そのサイトに.NET 2.0を使用することでデフォルトで統合モードになります。
  6. [物理パス]フィールドで、サイトがメインIISサイト・ファイルの場所( ?:\inetpub\wwwroot)を指していることを確認します。
  7. [OK]をクリックします。

    サイトが作成され、その下に、IWAディレクトリーを含むディレクトリーが表示されます。

  8. この手順の最初に作成したサイトを展開します。
  9. [IWA]を右クリックし、[Web アプリケーションに変換]を選択します。
  10. WebアプリにIWAという名前を付けます。
  11. [アプリケーション プール]で、OktaIWAアプリケーション・プールを選択します。

    このアプリケーション・プールをほかのWebアプリに割り当てないでください。Oktaでのみ使用してください。

    IWAアイコンがフォルダーからWebアプリのアイコンに変わり、変換が成功したことを示します。

  1. [接続]ペインで、作成したサイトをクリックします。
  2. 中央のペインで、[認証]をダブルクリックします。[匿名認証] のみが有効になっていることを確認してください。
  3. [接続]ペインで、作成したサイトの [IWA]をクリックし、[認証]をダブルクリックします。項目のステータスは以下と一致する必要があります。

    [匿名] – 有効

    [ASP.NET 偽装] – 有効

    [フォーム認証] – 無効

    [Windows 認証] – 有効

  1. IISを再起動します。