ディレクトリー統合

既存のActive Directory(AD)、LDAP、またはCSVディレクトリーを統合して、ユーザー属性をOktaと共有します。統合が完了すると、ディレクトリーがユーザー属性の信頼できる情報源となり、Oktaを使用して共有アプリケーションやその他のリソースへのアクセスを制御できるようになります。

Active Directory

Active DirectoryとOktaの統合

LDAP

LDAPサーバーとOktaの統合

CSV

CSVディレクトリーとOktaの統合