Okta LDAPエージェントログを見つける

ロギングレベルをDEBUG(デバッグ)に設定できますが、他の変更も可能な場合があります。どのような変更も注意深く行ない、その変更の影響を完全に理解できる場合にのみ行ってください。可能な変更例は、「ログバック設定」を参照してください。

Windows

LDAPエージェントは情報を下記にログします。

C:\Program Files\Okta\Okta LDAP Agent\logs\agent.log

ログレベルを変更するには、下記の場所にあるファイルを編集します。

C:\Program Files\Okta\Okta LDAP Agent\conf\logback.xml

Linux

LDAPエージェントは情報を下記にログします。

/opt/Okta/OktaLDAPAgent/logs/agent.log

ログレベルを変更するには、下記の場所にあるlog4j configuration ファイルを編集します。

/opt/Okta/OktaLDAPAgent/conf/logback.xml