Okta LDAP エージェントの再構成

Okta LDAP エージェント構成の変更にあたり、 お使いのプラットフォームに適したメソッドを選択します。

Windows

エージェントをアンインストールしてから再インストールし、セットアップ中に新しい構成設定を指定します。「Okta LDAPエージェンのアンインストールまたは再インストール」を参照してください。

Linux

  1. コマンド プロンプトを開き、以下のコマンドを使用してアップデート スクリプトを実行します。

    /opt/Okta/OktaLDAPAgent/scripts/update.sh

  1. 以下のコマンドのいずれかを発行します。
コマンド定義
[-b]ldap.dn.baseNewBaseDN
[-a]ldap.admin.dnNewLDAPAdminDN
[-w]ldap.admin.passwordNewLDAPPassword
[-h]ldap.hostNewLDAPHost
[-p]ldap.portNewLDAPPort

パラメーターを組み合わせることもできます。例:

/opt/Okta/OktaLDAPAgent/scripts/update.sh -h 192.168.3.81 -p 389