Dropbox BusinessとOktaを統合する

  1. Dropbox Businessアプリをまだ追加していない場合は、Oktaに追加します。
    1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。

    2. [Add Application(アプリケーションの追加)]をクリックします。
    3. [Search for an application(アプリケーションを検索)]フィールドにDropboxと入力します。
    4. Dropbox Businessの[Add(追加)]を選択します。
    5. [General Settings(一般設定)]ページのフィールドに入力し、[Next(次へ)]をクリックします。
    6. [Sign-On Options(サインオンオプション)]ページの[Sign On Methods(サインオン方法)]で、サインオンのオプションを選択します。[SAML 2.0]を選択した場合、[View Setup Instructions(セットアップ手順を表示)]をクリックして指示に従います。
    7. 任意。[Advanced Sign-on Settings(高度なサインオン設定)]領域で、[Silent Provisioning(サイレントプロビジョニング)]チェックボックスを選択し、サイレントプロビジョニングを有効にします。
    8. [Done(完了)]をクリックします。
  2. 以前にDropbox Businessアプリを追加した場合、Okta Admin Console[Applications(アプリケーション)]をクリックし、アプリケーションのリストからDropbox Businessを選択します。
  3. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックし、[Configure API Integration(API統合を構成)]をクリックして[Enable API Integration(API統合を有効化)]チェックボックスを選択します。
  4. [Authenticate with Dropbox Business(Dropbox Businessで認証)]をクリックします。
  5. メールアドレスとパスワードを入力して、[Sign In(サインイン)]をクリックします。
  6. [Save(保存)]をクリックします。
  7. 任意。OktaをDropbox Businessプロビジョニング設定に変更します。

    1. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[SETTINGS(設定)]リストから[To App(アプリへ)]を選択します。
    2. [Edit(編集)]をクリックします。
    3. [Create Users(ユーザーを作成)][Update User Attributes(ユーザー属性をアップデート)][Deactivate Users(ユーザーを非アクティブ化)]の順に選択して機能を有効化します。

    [Deactivate Users(ユーザーを非アクティブ化)]機能を有効にすると、非アクティブ化のオプションが追加されます。[Dropbox user deactivation type(Dropboxユーザーの非アクティブ化タイプ)]リストでは、Oktaでユーザーが非アクティブ化されたときに、ユーザーを一時停止するか削除するかを選択することができます。Oktaでは[Suspend(一時停止)]を選択することをお勧めします。

    [Wipe data from linked devices(リンク先のデバイスからデータを消去する)]チェックボックスを選択すると、ユーザーのDropbox Businessのリンク先デバイスが非アクティブ化されたときに、そのデバイスからファイルが削除されます。

    [Dropbox user deactivation type(Dropboxユーザーの非アクティブ化タイプ)]リストで[Remove(削除)]を選択すると、[File management upon user deletion(ユーザー削除時のファイル管理)]リストが表示されます。Oktaがユーザーのファイルに対するアクションを実行しないようにし、Dropbox Businessで直接ファイルを管理したい場合は、[Manage file transer directly in Dropbox Business(Dropbox Businessで直接ファイル転送を管理する)]を選択します。Oktaでファイル転送を管理するために[Transer files to destination team member account(転送先のチームメンバーアカウントにファイルを転送する)]を選択し、[Dropbox email address of destination team member account(転送先のチームメンバーアカウントのDropboxメールアドレス)]と[Dropbox email address of admin notification account(管理者通知アカウントのDropboxメールアドレス)]フィールドに入力します。

    1. [Save(保存)]をクリックします。
  8. 任意。Dropbox BusinessをOktaプロビジョニング設定に変更します。
    1. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[SETTINGS(設定)]リストから[To Okta(Oktaへ)]を選択します。
    2. [General(一般)][User Creation & Matching(ユーザー作成および照合)]、または[Import Safeguard(インポートセーフガード)]エリアで[Edit(編集)]をクリックして設定を編集します。
    1. [Save(保存)]をクリックします。
  9. 任意。ユーザーをDropbox Businessアプリに割り当てます。「アプリケーションをユーザーに割り当て」を参照。