Dropbox Businessでサポートされる機能

この表は、Dropbox Business統合で利用可能な機能を示したものです。

機能 説明
新規ユーザーをプッシュ

Oktaでユーザーを作成するとDropbox Businessにも作成されます。

プロファイルの更新をプッシュ

Oktaユーザー プロファイルに加えた変更がDropbox Businessにプッシュされます。

ユーザーの非アクティブ化をプッシュ

Oktaでユーザーを非アクティブ化するかアプリケーション アクセスを無効化すると、すべてのユーザーデータとDropboxのユーザーアカウントが削除されます。ユーザーが一時停止された場合、データは削除されないものの、アプリケーションにはアクセスできません。

新規ユーザーをインポートDropbox Businessで作成された新規ユーザーがダウンロードされて新規AppUserオブジェクトが作成され、既存のOktaユーザー プロファイルと比較されます。

プロファイルの更新をインポート

Dropbox Businessでユーザーのプロファイルに加えられた変更がダウンロードされ、Oktaユーザー プロファイルに適用されます。

グループをプッシュ

グループとそのメンバーを統合済みのアプリケーションにプッシュできます。「グループプッシュの使用」を参照。

ユーザーの再アクティブ化

ユーザー アカウントはDropbox Business内でリアクティベートできます。

ユーザー アカウントが一時停止された場合、ユーザーの以前のDropbox Businessアクセスでリアクティベートされます。ユーザーが非アクティブ化された場合、新しいアカウントが作成されます。

オフボーディング(ユーザーの非アクティブ化後のファイル転送)

オフボーディングのアクションを制御します。

サイレントプロビジョニング

ユーザーはDropbox Businessにサイレントにプロビジョニングされるため、Oktaでプロビジョニングされた新規ユーザーにウェルカムメールは送信されません。

権限

権限属性がサポートされています。これには、Member (メンバー)、Team Admin (チーム管理者)、User Management Admin (ユーザー管理管理者)、Support Admin (サポート管理者)が含まれます。