GoogleWorkspaceユーザーを管理する


概要

OktaエンドユーザーがGoogleWorkspaceに割り当てられたとき、または割り当てが更新されたとき、管理者はOkta内ですべてのGoogleライセンスと役割、およびプロビジョニング解除アクションを管理するオプションがあります。さらに、このOktaエンドユーザーのライセンスと役割は、サードパーティのGoogleアカウント内で自動的に更新できます。これは、個人またはグループ内で当てはまります。基本的に、Oktaで作成された更新は、後でGoogleにプッシュできます。


前提条件

このオプションを使用する前に、次のことを行う必要があります。

  • OktaでGoogleWorkspaceプロビジョニングを有効にし、適切なプロビジョニング機能(ユーザーの作成、ユーザー属性の更新、ユーザーの非アクティブ化)を有効にします。

  • [Auto-assign the following license to all currently unassigned users and users subsequently created (現在割り当てられていないすべてのユーザーと、その後に作成されたユーザーに、以下のライセンスを自動割り当てする)]のチェックを外します。

    [Auto-Assign Users (ユーザーの自動割り当て)]のチェックを外します


手順

ライセンスマッピング

最近、GoogleWorkspaceプロビジョニング統合用のGoogleWorkspaceライセンスが更新されました。更新されたライセンスを使用するには、Oktaサポートに連絡して、GoogleWorkspaceアプリケーションインスタンスを新しいプロファイルテンプレートに移行してもらう必要があります。

いくつかの制限により、ライセンスの命名にわずかな違いがあるため、以下のライセンスマッピングテーブルをご参照ください。

これらのライセンスの名前が古くなっているので近い将来、更新される予定です。

SKU IDOktaの名前GSuite名
Google-Apps-For-Business Google Apps for Business G SuiteBasic
Google-Apps-For-Postini Postini用のGoogleアプリ GoogleAppsメッセージセキュリティ
Google-アプリ-無制限 Google Apps Unlimited Gスイートビジネス
Google-Apps-Lite Google Apps Lite G Suite Lite
1010020020G Suite Enterprise G Suite Enterprise
1010060001ドライブエンタープライズ ドライブエンタープライズ
Google-Drive-storage-20GB Googleドライブストレージ20GB Googleドライブストレージ20GB
Google-Drive-storage-50GB Googleドライブストレージ50GB Googleドライブストレージ50GB
Google-Drive-storage-200GB Googleドライブストレージ200GB Googleドライブストレージ200GB
Google-Drive-storage-400GB Googleドライブストレージ400GB Googleドライブストレージ400GB
Google-Drive-storage-1TB Googleドライブストレージ1TB Googleドライブストレージ1TB
Google-Drive-storage-2TB Googleドライブストレージ2TB Googleドライブストレージ2TB
Google-Drive-storage-4TB Googleドライブストレージ4TB Googleドライブストレージ4TB
Google-Drive-storage-8TB Googleドライブストレージ8TB Googleドライブストレージ8TB
Google-Drive-storage-16TB Googleドライブストレージ16TB Googleドライブストレージ16TB
Google-Vault Google Vault Google Vault
Google-Vault-Former-Employee Google Vault Former Employee Google Vault - Former Employee
1010010001 Cloud Identity Cloud Identity
1010050001Cloud Identity Premium Cloud Identity Premium

トラブルシューティングのヒント

ユーザーがライセンスを持っていないアプリのチクレットは、Okta ホーム ページに表示される場合があります。これらのチクレットをクリックすると、エラーメッセージが表示されます。