Slackでサポートされる機能

次の表にSlack統合で利用可能な機能を示します。

機能 説明
Push New Users(新規ユーザーをプッシュ)

Oktaで作成されたユーザーは、統合されたサードパーティーのアプリケーションでも作成されます。

Push User Deactivation(ユーザーのディアクティベートをプッシュ)

Oktaでユーザーをディアクティベートすると、統合されたサードパーティー製アプリケーションのすべての組織およびチームからユーザーが削除されます。

Push Profile Updates(プロファイルの更新をプッシュ)Oktaユーザープロファイルに加えられた更新は、統合されたサードパーティアプリケーションにプッシュされます。
Import New Users(新規ユーザーをインポート)統合されたサードパーティアプリケーションで作成された新しいユーザーがダウンロードされ、新しいAppUserオブジェクトが作成され、既存のOktaユーザーと照合されます。

Import Profile Updates(プロファイルの更新をインポート)

統合されたサードパーティアプリケーションでユーザーのプロファイルに加えられた更新がダウンロードされ、Oktaユーザープロファイルに適用されます。アプリが記録システムである場合、コアプロファイルフィールド(電子メール、名、姓など)に加えられた変更がOktaユーザープロファイルに適用されます。アプリが記録システムでない場合、アプリ固有のフィールドに加えられた変更のみがローカルユーザープロファイルに適用されます。

Group Push(グループプッシュ)

グループとグループメンバーをリモートシステムにプッシュできます。グループ プッシュについてを参照してください。

Reactivate Users(ユーザーの再アクティベート)

Oktaでユーザーを再アクティブ化すると、統合されたサードパーティー製アプリケーションでユーザーが再アクティブ化されます。

Import User Schema(ユーザースキーマをインポート)

Slackから追加のユーザー属性をインポートします。これはスキーマ検出とも呼ばれます。