増分インポート


概要

増分インポートは、Workdayが最後の増分インポート以降に更新されたと識別するワーカーのデータをインポートします。ワーカーを含めるには、変更がベースまたは無効な将来の日付のカスタム属性に含まれている必要があります。有効な日付のカスタム属性を変更しただけでは、増分インポートはトリガーされません。増分インポートに含まれるのは、基本属性、非未来および未来の有効期限付きカスタム属性です。増分インポートは、通常のビジネスプロセスをサポートする間隔でスケジュールする必要があります。通常、これは少なくとも1日に1回であり、1時間に1回の頻度でスケジュールできます。

Workdayの増分インポートは、現在 早期アクセス 機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。


前提条件

増分インポート用にWorkdayを設定するには、次のことを行う必要があります。

  • Workdayプロビジョニング機能を有効化します。

  • 組織に適切な機能フラグを有効にします( Oktaサポートに連絡してください):

    • ENG_PROV_WORKDAY_INCREMENTAL_IMPORTS:現在、この機能フラグは早期アクセス機能です。
    • MANUAL_INCREMENTAL_IMPORTS_UI:現在、この機能フラグはプレビュー組織でのみ一般提供です。


手順

  1. 次のように通常のインポートを実行します。

    • Oktaで、Workdayアプリの[Import(インポート)]タブを選択します。

    • [Import Now(今すぐインポート)]をクリックします:

    • まず、完全インポートを実行して、将来の増分インポートのベースラインを作成する必要があります。[Full Import(フルインポート)]オプションを選択してから、[Import(インポート)]をクリックします。
    • incremental-importsa.png

    • これで、[Incremental Import(増分インポート)]オプションを選択し、[Import(インポート)]をクリックして、増分インポートを実行できます。
    • incremental-importsb.png

  2. これで、スケジュールされたインポートはデフォルトで増分になります。スケジュールされたインポートを設定するには、以下の手順に従ってください。

  3. Workdayアプリの[Provisioning(プロビジョニング)]タブを選択します。

  4. [SETTINGS(設定)]の下の左側のペインで、[To Okta(Oktaへ)]を選択します。

  5. [General(一般)]セクションで、[Schedule Import(インポートのスケジュール)]ドロップダウンメニューを使用して、インポートの実行頻度のスケジュールを設定します。これにより、後続のスケジュールされたインポートは 増分インポート になり、前のWorkdayインポート以降の変更のみを取得します。


増分インポートを使用する際の注意事項:

  • 事前開始間隔は、最後のダウンロードからの時間に適用されます。

    たとえば、今日が1月10日で、開始前の間隔が10日に設定され、最後のインポートが1月7日である場合、インポートは7日から17日までのワーカーを対象とします。[Import Now(今すぐインポート)]を選択すると、日付が今日の日付に変更され、10日先になります。

  • 次の増分インポートの実行がスケジュールされる前に、同じ日の非アクティブ化をWorkdayに入力する必要があります。

  • ワーカーを含めるには、変更がベースまたは無効な将来の日付のカスタム属性に含まれている必要があります。有効な日付のカスタム属性を変更しただけでは、増分インポートはトリガーされません。

  • すべてのユーザーフィールドは、増分インポートでインポートされます。

  • 増分インポートおよび Workday プロビジョニンググループ:

    • 増分インポートは、新しいWorkdayプロビジョニンググループを取り込み、Oktaで作成します
    • 増分インポートは、関連するユーザー/グループのグループメンバーシップを更新します
    • 増分インポートは、Oktaから空または削除されたWorkdayプロビジョニンググループを削除しません。Oktaからグループが削除されるのはフルインポートのみです。