Azure Active DirectoryでOktaエンタープライズ・アプリを作成する

Azure Active DirectoryがOktaと通信してデータを交換できるようにするには、Azure Active DirectoryでOktaエンタープライズ・アプリを作成する必要があります。

開始する前に

  • Azure ADをOktaと統合するには、以下が必要です。

    • Oktaインスタンス

    • Azure Active Directory Premiumインスタンス

    • Microsoft 365開発者アカウント

このタスクを開始する

  1. Microsoft Azureポータルにサインインし、左上のポータル・メニュー・アイコンをクリックして、 Azure Active Directory]を選択します。
  2. 右ペインで、 作成エリアの エンタープライズ・アプリケーションをクリックします。
  3. 非ギャラリー・アプリケーションをクリックします。
  4. 名前フィールドに、 Oktaまたは任意のアプリケーション名を入力し、 追加をクリックします。
  5. 左メニューの シングル・サインオンをクリックし、 SAMLをクリックします。
  6. SAML 署名証明書エリアで、 証明書(Base64)ダウンロードを選択し、コンピュータに証明書をダウンロードします。

この証明書は、Azure Active DirectoryをOktaでIDプロバイダーにするときに必要になります。

  1. Oktaの設定エリアで、以下のフィールドの値を記録します。
    • ログインURL

    • Azure AD識別子

    これらの値は、Azure Active DirectoryをOktaでIDプロバイダーにするときに必要になります。

次の手順

Azure Active DirectoryをIDプロバイダーにする