Azure ActiveDirectoryでOktaエンタープライズアプリを作成する

Azure Active DirectoryがOktaと通信してデータを交換できるようにするには、Azure ActiveDirectoryでOktaエンタープライズアプリを作成する必要があります。

  1. Microsoft Azureポータルにサインインし、左上のポータルメニューアイコンをクリックして、 [Azure Active Directory]を選択します。
  2. 右ペインの [Create(作成)]エリアで [Enterprise application(エンタープライズアプリ)]をクリックします。
  3. [Non-Gallery application(非ギャラリーアプリケーション)]をクリックします。
  4. [Name(名前)]フィールドに 「Okta」またはアプリケーション名を入力し、 [Add(追加)]をクリックします。
  5. 左メニューで [Single sign-on(シングルサインオン)]をクリックし、 [SAML]をクリックします。
  6. SAML [Signing Certificate(署名証明書)]エリアで、 [Certificate (Base64)(証明書(Base64))][Download(ダウンロード)]を選択し、コンピュータに証明書をダウンロードします。

この証明書は、Azure Active DirectoryをOktaでIDプロバイダーにするときに必要になります。

  1. [Set up Okta(Oktaのセットアップ)]エリアで、以下のフィールドの値を記録します。
    • Login URL(ログインURL)

    • Azure AD Identifier(Azure AD識別子)

    これらの値は、Azure Active DirectoryをOktaでIDプロバイダーにするときに必要になります。

次の手順

Azure Active DirectoryをIDプロバイダーにする