重複したアプリのインスタンスの作成と設定

シングルサインオン(SSO)アプリの統合において、SSO機能を削除することなくOktaのプロビジョニングを有効にすることができます。

SSO対応のアプリ統合に変更を加えないようにするには、Oktaプロビジョニングを有効にした状態でアプリ統合の2つ目のインスタンスを作成します。SSO対応アプリの統合とプロビジョニング対応アプリの統合は、共有ユーザーフォルダを通じて「リンク」しています。これにより、プロビジョニングをSSO対応アプリとの連携を通じて処理できます。

プロビジョニング対応のアプリの統合は、バックグラウンドで実行され、ユーザーはアクセスできません。ユーザーは、SSO対応のアプリ統合にのみアクセスできます。プロビジョニング対応のアプリ統合では、ユーザーのライフサイクル管理アクションのみを処理します。

  1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. [Browse App Catalog(アプリカタログを参照)]をクリックします。
  3. [Search(検索)]フィールドにアプリの統合の名前を入力し、アプリケーションタイルを選択し、[Add(追加)]をクリックします。アプリの統合には、Oktaの検証、SAML認証、プロビジョニングの許可が揃っている必要があります。
  4. [Application label(アプリケーションラベル)]フィールドに、重複するアプリ統合の名前を入力します。
  5. 残りのフィールドにも入力し、[Next(次へ)]をクリックします。
  6. [SIGN ON METHODS(サインオン方法)][ADVANCED SIGN-ON SETTINGS(高度なサインオン設定)]、および[CREDENTIALS DETAILS(資格情報の詳細)]の各項目を入力し、[Done(完了)]をクリックします。

    [Application username format(アプリケーションのユーザー名の形式)]リストで選択したオプションが、複製するアプリ統合で使用されているものと同じ形式であることを確認してください。

  7. [Done(完了)]をクリックします。

次の手順

アプリの統合のためのプロビジョニング構成