API呼び出しのタイムアウト期間を設定する

タイムアウトが発生する前に、orgがAPI呼び出しの完了を待つ時間を指定できます。最小設定は30秒です。選択したタイムアウトの値は、SCIMサーバーに送信されるすべてのリクエスト(GET、PUT、POST)に適用されます。

  1. SCIMコネクターがあることを確認してください。「SCIMコネクターに接続する」を参照してください。
  2. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
  3. [Search(検索)]フィールドにオンプレミスアプリ統合の名前を入力します。
  4. アプリの統合名を選択し、[Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックします。
  5. [Connector Configuration(コネクターの構成)]セクションで、[Edit(編集)]をクリックします。
  6. [Timeout for API calls(API呼び出しのタイムアウト)]リストで、タイムアウト期間を選択します。
  7. [Save(保存)]をクリックします。

次の手順

オンプレミスのアプリケーションをプロファイルソースにする