オンプレミス アプリケーションのプロビジョニング

Okta ライフサイクル管理のプロビジョニング機能は、組織全体のアカウントを自動的に管理します。

オンプレミス プロビジョニングでは、オンプレミス アプリケーションとSCIMサーバーまたはカスタムコネクターをOkta Provisioning Agentと組み合わせて、Oktaとの間でユーザー情報をやり取りします。Oktaは、Oktaで設定されたユーザー割り当てルールに基づいて、新しいユーザーアカウントの作成、属性の更新、ユーザーの非アクティブ化を行うために、企業のファイアウォールを介してアプリケーションに呼び出しをかけます。

Oktaは、以下のいずれかの方法で、あらゆるオンプレミス アプリケーションのプロビジョニングとデプロビジョニングをサポートします。

  • ユーザーアカウントを管理するActive Directory(AD)インスタンス
  • Oktaがパブリックにアドレッシング可能な接続を使用してアクセスできるWebサービスAPI

項目