オンプレミスプロビジョニングをデプロイするための一般的なワークフロー

この表は、Okta Provisioning Agentのインストールや環境の構成など、オンプレミスプロビジョニングをデプロイするために必要なタスクの一覧です。

タスク

説明

Transport Layer Security 1.2プロトコルを有効にする

LinuxおよびWindowsのOkta Provisioning Agentをインストールするには、Transport Layer Security(TLS)v1.2プロトコルが必要です。

Okta Provisioning Agentをインストールする

オンプレミスアプリケーションのプロビジョニングを設定する前に、LinuxまたはWindowsのOkta Provisioning Agentをインストールします。

Oktaでオンプレミスアプリのインスタンスを作成する Okta内のオンプレミスアプリケーションのインスタンスを作成する

SCIMコネクターを作成してテストする

オンプレミスアプリケーションがSCIMをネイティブにサポートしていない場合は、SCIMコネクターを作成してください。

SCIMコネクターに接続する

Oktaアプリ統合をSCIMコネクターと通信するように設定します。

API呼び出しのタイムアウト期間を設定する

タイムアウトが発生する前に、orgがAPI呼び出しの完了を待つ時間を指定します。

オンプレミスのアプリケーションをプロファイルソースにする

割り当てられたユーザーのアイデンティティオーソリティとしてOktaを指定します。

オプションのタスク

これらのタスクは、オンプレミスプロビジョニングをデプロイする上で必須ではありませんが、今後の設定に役立つ可能性があります。

タスク

説明

Okta Provisioning Agentのアップグレード

Okta Provisioning Agentをアップグレードして最新機能を取得します。

Okta Provisioning Agentのアンインストールおよび再インストール

Okta Provisioning Agentをクリーンに削除して再インストールします。