Oktaプロビジョニング エージェントのアンインストールおよび再インストール

Oktaプロビジョニング エージェントを削除する前に、サービスの中断を避けるために1つ以上のエージェントを構成しておくことを勧めます。Oktaプロビジョニング エージェントをアンインストールして再インストールするにあたり、古いOktaトークンも削除するかどうかを決定する必要があります。アップグレードを実行する場合、トークンの削除は必須ではありません。API トークンを削除するには、Oktaプロビジョニング エージェント フォルダーを削除してから、古いエージェントを非アクティブ化して削除する必要があります。

Linuxでのアンインストール

  1. Linuxサーバーにrootとしてサインインします。
  2. yum remove OktaProvisioningAgentと入力します。

Windowsでのアンインストール

  1. Windowsデスクトップで[Start(開始)] > [Control Panel(コントロールパネル)] > [Programs(プログラム)] > [Programs and Features(プログラムと機能)]の順に進みます。
  2. Oktaプロビジョニング エージェントを選択し、[Uninstall(アンインストール)]をクリックします。
  3. \Program Files (x86)\Oktaに進み、Oktaプロビジョニング エージェントのフォルダーを削除します。このフォルダーを削除すると、エージェント構成データとAPIトークンがハード ドライブから削除されます。サーバーのAPIトークンはOktaで有効なまま残るので、構成データを削除することが重要です。

Oktaプロビジョニング エージェントの再インストール

Oktaプロビジョニング エージェントをインストールしても、Oktaプロビジョニング エージェント フォルダーの構成データは上書きされません。再インストールして新しいAPI トークンを作成する場合、プロビジョニング エージェントを再インストールする前にOktaプロビジョニング エージェントのフォルダーを削除します。次に、以下のステップを実行してOktaプロビジョニング エージェントを再インストールし、古いOktaプロビジョニング エージェントを非アクティブ化した後、削除します。

  1. Oktaプロビジョニング エージェントをインストールします。Okta Provisioning Agentをインストールするを参照。
  2. 管理コンソールで、[ダッシュボード] > に移動します [Agents(エージェント)]に進みます。
  3. 再インストールしたOktaプロビジョニング エージェントがリストに表示されていることを確認します。常に1つ以上のOktaプロビジョニング エージェントが[Active(アクティブ)]ステータスでオンラインになっている必要があります。
  4. : アップグレードまたは再インストールの実行にあたって旧プロビジョニング エージェントのOkta API トークンを撤回しない場合、操作はここで完了です。それ以外の場合は、次のステップに進んでください。

  5. [On-Premises Agents(オンプレミス エージェント)]で、旧プロビジョニング エージェントの[Activate(アクティブ化)]ドロップダウン メニューをクリックし、[Deactivate(非アクティブ化)]を選択します。 ステータスがInactive(非アクティブ)に変わります。
  6. 削除したいOktaプロビジョニング エージェントの[Inactive(非アクティブ)]ドロップダウン メニューを選択し、[Delete(削除)]を選択します。
  7. すべてのオンプレミス プロビジョニング アプリに対して、プロビジョニング エージェントの1つとして新しいエージェントを設定し、アプリまたはコネクターとして機能するようにします。