Okta Org2Orgでサポートされる機能

下の表にOkta Org2Org統合で利用可能な機能と特徴を示します。

機能

説明

新規ユーザーをインポート

接続先の組織で作成されたユーザーをOktaにインポートします。

プロファイルの更新をインポート

接続組織のユーザー プロファイルに加えられた更新内容が、Oktaユーザー プロファイルにダウンロードされ適用されます。

ユーザー スキーマのインポート

接続組織から追加のユーザー属性をインポートします。スキーマ検出とも呼ばれます。

新規ユーザーをプッシュ

Oktaで作成されたユーザーが、接続組織でも作成されます。

パスワードの更新をプッシュ

Oktaで加えられたユーザー パスワードの更新内容が、接続組織にプッシュされます。

プロファイルの更新をプッシュ

Oktaユーザー プロファイルに加えらえた更新内容が、接続組織にプッシュされます。

ユーザーの非アクティブ化をプッシュ

Oktaでユーザーを非アクティブ化するか、またはアプリケーション アクセスを無効化すると、接続組織のすべてのユーザーデータとユーザーアカウントが削除されます。ユーザーが一時停止された場合、データは削除されないものの、アプリケーションにはアクセスできなくなります。

ユーザーの再アクティブ化

接続組織でユーザー アカウントを再アクティブ化できます。

ユーザー アカウントが一時停止されている場合、ユーザーが前に持っていたアクセス権限で再アクティブ化されます。ユーザーが非アクティブ化されている場合、新しいアカウントが作成されます。

グループをプッシュ

グループとそのメンバーが接続組織にプッシュされます。グループ プッシュについてを参照。

プロファイル ソーシング

接続組織をプロファイル ソースにします。