Rallyソフトウェアでサポートされる機能

Rallyソフトウェア統合で利用可能な機能と特徴を表に示します。

機能 説明
新規ユーザーをプッシュ Oktaでユーザーを作成するとRallyソフトウェアにも作成されます。
ユーザーの非アクティブ化をプッシュ Oktaでユーザーを非アクティブ化するかアプリケーションアクセスを無効化すると、すべてのユーザーデータとRallyソフトウェアのユーザーアカウントが削除されます。ユーザーが一時停止された場合、データは削除されないものの、アプリケーションにはアクセスできません。
プロファイルのアップデートをプッシュ Oktaユーザープロファイルに加えられた変更がRallyソフトウェアにプッシュされます。
新規ユーザーをインポート Rallyソフトウェアで作成された新規ユーザーがダウンロードされて新規AppUserオブジェクトが作成され、既存のOktaユーザープロファイルと照合されます。

プロファイルのアップデートをインポート

Rallyソフトウェアでユーザーのプロファイルに加えられた変更がダウンロードされ、Oktaユーザープロファイルに適用されます。RallyソフトウェアがOktaのレコードシステムである場合、コアプロファイルフィールド(Eメール、姓、名)に加えられた変更はユーザープロファイルに適用されます。Rallyソフトウェアがレコードシステムでない場合、アプリ固有のフィールドに加えられた変更のみがローカルユーザープロファイルに適用されます。

ユーザーの再アクティブ化

Oktaでユーザーを再アクティブ化すると、そのユーザーはRallyソフトウェアでも再アクティブ化されます。

ユーザースキーマのインポート

Rallyソフトウェアから追加のユーザー属性をインポートします。これはスキーマ検出とも呼ばれます。