UltiProをOktaと統合する

  1. UltiProのレポートとレポートIDを作成します。UltiProのレポートとレポートIDを作成するを参照してください。

  2. UltiPro WebサービスのURL、ユーザーおよび顧客のAPIキーを見つけて記録します。
    1. 管理者権限でUtilProインスタンスにサインインします。
    2. [Menu(メニュー)]>[System Configuration(システム構成)]をクリックし、[Security(セキュリティ)]の下の[Web Services(Webサービス)]を選択します。
    3. [User API Key(ユーザーAPIキー)]および [Customer API Key(顧客APIキー)]フィールドに表示されている値をコピーして、テキストエディターに貼り付けます。
    4. [Business Intelligence web service endpoint(ビジネスインテリジェンスWebサービスエンドポイント)]の横に表示されているベースURL をコピーして、テキストエディターに貼り付けます。ベースURLは、表示されているすべてのフィールドに共通するURLの部分です。
  3. UtilProアプリをすでにOktaに追加している場合は、ステップ3に進みます。まだ追加していない場合は、今すぐ追加します。
    1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。[Applications(アプリケーション)]に移動します。
    2. [Add Application(アプリの追加)]をクリックします。
    3. [Search(検索)]フィールドにUltiProと入力し、UltiProを選択します。
    4. [Add(追加)]を選択します。
    5. [General Settings(一般設定)]ページのフィールドに入力し、[Next(次へ)]をクリックします。
    6. [Sign-On Options(サインオン オプション)]ペインの[Sign On Methods(サインオン方法)]で、サインオンのオプションを選択します。SAML 2.0を選択した場合、[View Setup Instructions(セットアップ手順を表示)]をクリックして指示に従います。
    7. [Done(終了)]をクリックします。
  4. 管理コンソールで、[Applications(アプリケーション)]に進み、アプリケーションのリストから「UtilPro」を選択します。
  5. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックし、[Configure API Integration(API統合を構成)]をクリックして[Enable APIIntegration(API統合を有効化)]チェックボックスを選択します。
  6. 以下のフィールドに入力します。
    • Web Services Base URL(WebサービスベースURL):手順2dでコピーした値を貼り付け、URLプロトコルをhttpからhttpsに変更します。 例:http://Servicet.ultipro.comはhttps://Servicet.ultipro.com
    • Admin Username(管理者ユーザー名):UtilProソフトウェア管理者のユーザー名を入力します。

    • Admin Password(管理者パスワード):UtilProソフトウェア管理者のパスワードを入力します。

    • User API Key(ユーザーAPIキー):ステップ2でコピーした値を貼り付けます。

    • Customer API Key(顧客APIキー):ステップ2でコピーした値を貼り付けます。

    • Okta Report Path(Oktaレポートパス)storeID("report ID")という形式でUltiProのレポートIDを貼り付けます。UltiProのレポートとレポートIDを作成するを参照してください。

    • Create Groups Based on User Attribute (Cannot change once set)(ユーザー属性に基づいてグループを作成(一度設定は変更できません))[None(なし)][Org Level 1(組織レベル1)][Org Level 2(組織レベル2)][Org Level 3(組織レベル3)][Org Level 4(組織レベル4)] 、または [Custom(カスタム)]

    • 選択したユーザー属性がUltiProレポートに含まれている必要があります。Oktaテンプレートには、組織レベル1、2、3、4が含まれています。 [Custom(カスタム )]が選択されている場合は、 [Custom User Attribute For Group(グループのカスタムユーザー属性 )]フィールドに属性値を入力します。

      指定したユーザー属性値ごとにグループが作成され、値が一致するインポートされたユーザーがそのグループに追加されます。

    • Custom User Attribute For Group(グループのカスタムユーザー属性): オプションです。カスタムグループ属性を入力します。属性名とテーブル名は一致している必要があります。

    • Pre-Start Interval(雇用前インターバル):オプションです。従業員がアクティブとみなされる雇用開始日前の日数を入力します。

    • Default Phone Country Code (USA, CAN, UKR, etc)(デフォルトの電話国コード(USA、CAN、UKRなど)): オプションです。電話番号の国コードのプレフィックスを入力します。

    • Groups(グループ) :オプションです。グループをインポートする場合はこのオプションを選択します。

  7. オプションです。[Test API Credentials(API資格情報をテスト)]をクリックしてAPI統合をテストします。
  8. [保存]をクリックします。