現在の割り当てレポート

現在の割り当てレポートには、特定の期間内にどのくらいの頻度でアプリの統合が使用されているか(割り当て済み、ログイン済み、パスワード変更)に関するデータが含まれます。

このレポートは個々のユーザー、ユーザーのグループ、 個々のアプリの統合でフィルタリングできます。

前提条件

  • Okta管理コンソールにサインインしてください。

  • 以下の権限レベルのいずれかを持つ人であればレポートを実行できます:

    • スーパー管理者

    • 組織管理者

    • 読み取り専用管理者

    • モバイル管理者

    • レポート管理者

パラメーター

次のパラメーターを使用して、現在の割り当てレポートをフィルタリングできます:

  • 開始日

  • 終了日

  • ユーザー

  • アプリケーション

  • グループ

手順

  1. 管理コンソールから、[Reports(レポート)]>[Reports(レポート)]の順に移動します。

  2. [Application Access Audit(アプリアプリケーションへのアクセスの監査)]パネルで、[Current Assignments(現在の割り当て)]をクリックします。

  3. デフォルトでは、以下を対象にレポートが実行されます:

    • 今日の日付

    • 組織内のすべてのアプリの統合

    • すべてのユーザーとグループ

  4. トップセクションのドロップダウンボックスで任意のレポートパラメーターを変更して、必要に応じてレポートをフィルタリングします。

    注

    イベントはOktaに90日間保持されるため、最大で3か月前までの日付を指定できます。

  5. [Request Report(レポートを要求)]をクリックします。レポートがまとめられ、CSVファイルへのリンクがメールで送信されます。メールに記載されるリンクは30日間有効です。

結果

生成されるレポートには次のフィールドが含まれます:

フィールド名フィールドの説明
UserユーザーのOktaの名前
LoginユーザーがOktaへのサインインで使用するユーザー名
Application nameアプリの統合の名前
Application instanceアプリの統合のインスタンス名
Application loginユーザーがアプリの統合へのシングルサインオンで使用しているユーザー名
Assigned onアプリの統合にユーザーが最後にサインインした日時のタイムスタンプ(ISO 8601形式)
Unassigned onユーザーがアプリの統合から割り当て解除された日時のタイムスタンプ(ISO 8601形式)
Last loginアプリの統合にユーザーが最後にサインインした日時のタイムスタンプ(ISO 8601形式)
Last password changeユーザーが最後にアプリの統合のパスワードを変更した日時のタイムスタンプ(ISO 8601形式)