アプリケーション使用状況レポート

アプリケーション使用状況レポートには、特定の期間内に誰がアプリの統合にサインインしたかに関するデータが含まれます。

Okta環境内のすべてのアプリの統合のレポートを実行することも、特定のアプリの統合のレポートを実行することもできます。

前提条件

  • Okta管理コンソールにサインインしてください。

  • 以下の権限レベルのいずれかを持つ人であればレポートを実行できます:

    • スーパー管理者

    • 組織管理者

    • 読み取り専用管理者

    • モバイル管理者

    • レポート管理者

パラメーター

次のパラメーターを使用して、アプリケーション使用状況レポートをフィルタリングできます:

  • 開始日

  • 終了日

  • アプリの統合

  • ユーザー

  • グループ

手順

一定期間内におけるアプリの統合の使用状況レポートを作成するには:

  1. 管理コンソールから、[Reports(レポート)]>[Reports(レポート)]の順に移動します。

  2. [Application Usage(アプリケーション使用状況)]をクリックします。

  3. デフォルトでは、以下を対象にレポートが実行されます:

    • 先月から現時点までの期間

    • アルファベット順に並べ替えられた組織のアプリの統合の1番目

    • すべてのユーザーとグループ

  4. トップセクションのドロップダウンボックスで任意のレポートパラメーターを変更して、必要に応じてレポートをフィルタリングします。

    注

    イベントはOktaに90日間保持されるため、最大で3か月前までの日付を指定できます。

  5. [Run Report(レポートの実行)]をクリックして、レポートページに結果を表示します。[Download CSV(CSVをダウンロード)]をクリックして、カンマ区切りファイル(CSV)としてレポートをダウンロードすることもできます。アプリの統合のアプリケーションユーザー名がnullの場合、レポートのCSVファイル中のそのエントリーには-の文字が使用されます。

  6. アプリの統合のドロップダウンボックスで[All (for all users and groups)]を選択した場合、グループでのみ結果をフィルタリングできるようになり、レポートはCSVファイルのダウンロードでのみ利用できるようになります。

結果

レポートページには次の情報が表示されます:

フィールド名フィールドの説明

Person

ユーザーのOktaでの名前

Application username

アプリの統合でのユーザーの名前\

Logins

そのユーザーのログイン回数

Last login

指定されたアプリの統合にユーザーが最後にサインインした日時

CSVレポートには以下が含まれます:

フィールド名フィールドの説明

Person

ユーザーのOktaでの名前

Login

ユーザーのOktaサインイン認証情報

Application username

アプリの統合でのユーザーの名前

Logins

そのユーザーのログイン回数。特定のアプリの統合が選択されている場合のみ表示されます。

Instance name

アプリの統合の名前。[All (for all users and groups)]が選択された場合のみ表示されます。

Login Date

指定されたアプリの統合にユーザーが最後にサインインした日時

Login Date_ISO8601

指定されたアプリの統合にユーザーが最後にサインインした日時(ISO 8601形式)