メールでレポートを受け取る

[メールによるレポート配信]オプトイン機能を使用すると、レポートをメールで受け取ることができます。時間の節約、レート制限の使用量削減、レポートへのアクセスとダウンロードの簡素化のため、この機能を有効にすることをおすすめします。

現在メールで受信できるレポートは次のとおりです。

  • Okta使用状況
  • Oktaパスワードの健全性
  • 現在の割り当て
  • 多要素認証使用状況
  • アプリケーション使用状況*
  • アプリのパスワードの健全性*

*これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

開始する前に

以下を確認します。

  • ライブ・セッションで管理者としてOkta組織にサインインしている。
  • レポートをリクエストして表示するために必要な権限がある。

レポートをメールで受け取る

  1. 管理コンソールで、[レポート]に移動します。
  2. [Okta使用状況][Oktaパスワードの健全性][アプリケーション使用状況][アプリのパスワードの健全性][現在の割り当て]、または[多要素認証使用状況]を選択します。
  3. 必要に応じて、開始日と終了日、ユーザー、グループ、およびパラメーターを設定します。
  4. [レポートを実行]をクリックします。レポートの送信先のメール・アドレス(通常は管理者アカウントに関連付けられたメール・アドレス)を含む確認メッセージが表示されます。
    Note

    新しい管理ダッシュボードを有効にしている場合は、[このレポートを要求]をクリックします。

  5. レポートの準備ができると、メール通知が届きます。レポートが正常に生成されると、レポートのダウンロード・リンクが記載されたメール通知が届きます。レポート要求が失敗した場合、サインインしてレポートを再度要求するよう求めるメール通知が届きます。レポートを表示する権限がない場合、403エラーが表示されます。
    Note

    レポートのダウンロード・リンクは7日間のみ有効です。リンクの有効期限が切れた後は、レポートを再度要求する必要があります。

関連項目