多要素認証登録ポリシーのアプリ条件

多要素認証の要素登録ポリシーで、エンド・ユーザーのアプリケーションのアプリ条件を設定できます。 この条件を設定すると、エンド・ユーザーがすべてのアプリケーションまたは管理者が指定した特定のアプリケーションにアクセスするときに要素の登録を求めることができます。

条件の設定方法に基づいて、エンド・ユーザーは、使用可能なすべてのアプリケーションまたは特定のアプリケーションにアクセスするときに要素を登録するように求められます。

[ルールを編集]画面

アプリ条件を設定する際は、次の点に注意してください。

  • アプリ条件を設定するルールを設定する前に、まず多要素ポリシーを作成する必要があります。
  • OIDC、SAML1.1、SAML2、SWAに基づくアプリがすべてサポートされています。
  • アクティブ・モード認証を使用するMicrosoftクライアントを除き、すべてのアプリがサポートされています。
  • Microsoft Office 365がサポートされています。古いMicrosoft Officeシック・クライアントはサポートされていません。

アプリの条件を構成する方法については、「多要素認証登録ポリシーを構成する 」を参照してください。