Oktaのセキュリティー

Oktaは人とテクノロジーを安全につなぐ基盤です。Oktaを使用すると、以下を管理できます。

  • ユーザー認証
  • パスワード・ポリシーとアクセス・ポリシー
  • 既存のユーザー・ディレクトリーとの統合
  • アプリケーションへのロールベースのアクセス

このセクションのトピックでは、Oktaプラットフォームの安全な基盤を提供するソフトウェア機能について説明します。

管理者ロール

管理者のロールと権限について説明します。

APIトークンの管理

すべてのOkta APIトークンを管理および作成します。

委任認証

ユーザーがさまざまな認証情報を使用して認証できるようにします。

一般的なセキュリティー

グローバル・セキュリティー設定を構成します。

HealthInsight

セキュリティー・タスクを確認して組織を強化します。

IDプロバイダー

ユーザーがIDアカウント認証情報を使用してサインインできるようにします。

多要素認証

別のセキュリティー層を追加して、ユーザーのIDを検証します。

ネットワーク・ ゾーン

ネットワーク・ゾーンを定義してネットワーク・セキュリティーを強化します。

Okta IPアドレス許可リスト

さまざまなOkta IPを許可するようにネットワークを構成します。

最近のアクティビティー

サインインの詳細とエンド・ユーザーのイベント・アクティビティーを表示します。

リスク・スコアリング

異常なサインイン・イベントの可能性を判断します。

ユーザーの挙動検知

ユーザーの挙動の変化に基づいてポリシーを定義します。

サインオン・ポリシー

ユーザーの認証方法を制御するポリシーを構成します。