Oktaのセキュリティ

Oktaはユーザー認証、パスワードおよびアクセス管理、オンプレミス ユーザー ディレクトリとの統合、およびクロスアプリケーションの使用状況分析の機能で人とテクノロジーを安全につなぐ基盤です。Oktaソフトウェア プラットフォームは、データを保護しながらクラウドアプリケーションをスケーリングおよび管理する機能のために、安全で信頼できる基盤を提供するようデザインされています。

管理者

管理者ロールおよび権限についてさらに詳しく

APIトークン管理

すべてのOkta APIトークンの管理および作成

認証の委任

様々な資格情報でユーザー認証を許可

一般的なセキュリティ

グローバル セキュリティ設定の構成

HealthInsight

セキュリティタスクをレビューして組織を補強する

IDプロバイダー

アカウントのID資格情報を用いたユーザーのサインインを許可する

多要素認証

ユーザーIDを確認するために別のセキュリティ層を追加する

ネットワーク ゾーン

ネットワーク ゾーンを定義してネットワーク セキュリティを強化する

Okta IPアドレス許可リスト

様々なOkta IPを許可するネットワークを構成する

最近のアクティビティ

サインインの詳細およびエンドユーザー イベントアクティビティを表示する

リスク スコアリング

異常なサインイン イベントの可能性を定義する

セキュリティ ビヘイビアの検知

ユーザー ビヘイビアの変更に基づいてポリシーを定義

サインオン ポリシー

ユーザー認証方法をコントロールするポリシーを設定する