ヘルプデスク管理者を構成する

スーパー管理者は、ヘルプデスク管理者のロールをユーザーに割り当て、そのロールをグループにスコープできます。ヘルプデスク管理者をご覧ください。

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [Administrators(管理者)]に移動します。

  2. [Add Administrator(管理者を追加)]をクリックします。表示されるダイアログボックスで、以下を行います:

    1. 管理者の名前をGrant Administrator Role toフィールドに入力します。
    2. [Help Desk Administrator(ヘルプデスク管理者)]のロールを選択します。
    3. [Can administer user in specific groups(特定グループのユーザーを管理可能)]を選択します(推奨)。
    4. 管理者が管理するOktaグループのグループ名を入力します。Oktaグループの他に、アクティブディレクトリ(AD)グループ、LDAP グループを選択できます。これにより、ヘルプデスク管理者が管理する特定のADグループやLDAP グループを割り当てることができます。

AD ユーザー向けにヘルプデスク管理者を構成する

認証をADに委任するユーザーに対する操作をヘルプデスク管理者が実行できるようにする場合は、ADポリシーも構成する必要があります。

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [Authentication(認証)]に移動します。

  2. [Active Directory Policy(Active Directoryポリシー)]を選択します。

  3. 旧ルールを編集して、ユーザーがパスワードを変更できることを示します。
  4. [Update Rule(ルールを更新)]をクリックします。

次の手順

Oktaグループの作成に関するガイダンス